北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

第1弾で送られた水産加工品の詰め合わせ

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。事業主体のねむろ水産物普及促進協議会(愛称・まるごと根室、会長・石垣雅敏市長)では「保護者の申し込みも可能なので、ぜひ応募を」と話している。

 根室の旨いをお届け隊は、根室市新型コロナウイルス関連緊急経済対策展開計画のフェーズ2「経済活動回復」対策の中の「経済活動回復に向けた支援等」に位置付けられ、新型コロナでアルバイトもままならない根室出身学生の支援と、売り上げ減少が続く市内事業者の双方を支援するもの。まるごと根室が事業主体となって夏、秋の2回、市内事業者が製造販売する地場産品の詰め合わせ(5千円相当分)を無償で提供する。

 対象は国内の大学や短大、専門学校、予備校などに通う18歳以上の学生で、第2弾の募集は11月1日から20日まで。第1弾に応募した学生も再応募が可能。根室市ホームページからダウンロードできる申し込み用紙や申し込み専用フォームに必要事項を記入し、学生証(両面)の写し、もしくは3カ月以内に発行された在学証明書の写しを添付し、申し込むとよい。なお、保護者の申し込みも可能となっている。

 第1弾は6月20日から7月13日まで受け付け、348人(道内287人、道外61人)から応募があり、7月下旬までに特産品詰め合わせセットを発送。受け取った学生からは豪華なセット内容に驚きの声や「根室で生まれ育ってよかった」「大学の仲間と一緒に食べ、根室にはこんなにおいしいものがあることを、大学の仲間に自慢したい」などの声も寄せられた。

 事務局では「新型コロナでアルバイトもできず困窮している地元出身学生と、売り上げ減少に苦しむ市内事業者を支援する取り組みで、積極的に活用し、根室の『旨い』を再確認してもらえればうれしい」と話している。

 問い合わせは同事務局(0153-23-6111内線2262番)へ。

関連記事

根室新聞

地元出身学生応援「旨いをお届け隊」第2弾 発送開始【根室】

 根室市出身学生を応援するため「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室)が20日まで募集していた「根室出身学生応援!ねむろの旨いをお届け隊!」の第2弾は、最終的に道内外から337件の...

苫小牧民報

植苗地区のIR候補地特定 自然環境対策、道が了承 インフラ整備は苫小牧市..

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧市は25日までに、自然環境対策について道から一定の理解を得られたとして、市内植苗地区の約100ヘクタールを候補地に特定し誘致活動を進め...

日高報知新聞

播磨さんが総合優勝【浦河】

北海道釣魚連盟浦河支部北の釣会(三角浩之支部長)の今年最後となる11月例会が8日、会員14人が参加して浦河町浦河港~えりも町庶野展望台下間で行われ、庶野トセップ展望台下に入釣した播磨晃一さん(ラーメ...

日高報知新聞

3連休まずまずの人出【えりも】

【えりも】初冬3連休の襟裳岬は、まずまずの人出でにぎわった。中日の22日はあいにくの小雨模様だったが、正午ごろにはGoToトラベル利用の観光バス2台と乗用車30台ほどが駐車し、観光センターは食事や...

室蘭民報

順調に初出銑、「最適な生産体制構築」 日鉄室蘭第2高炉【室蘭】

 日本製鉄室蘭製鉄所(湊博之所長)で22日に稼働を再開した第2高炉は、23日午前11時に初出銑した。順調に稼働しており、同所は「需要動向に対応した最適な生産体制を構築していく」と話している。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス