北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

澤田さんエイジレス章 内閣府実践表彰【帯広】

 年齢にとらわれず自由で生き生きとした生活を送る「エイジレス・ライフ」を広めようと、内閣府が行う実践者表彰に今年度、帯広市内の元郵便局長澤田忠夫さん(89)が選ばれた。退職後に地域の防犯活動に力を尽くし、主な役職を退いた今も、自宅周辺の見守りと1日当たり5000歩を目標にする散歩を日課に元気に過ごしている。

自宅近くの公園を、見守りを兼ねて散歩する澤田さん

 内閣府ではエイジレス・ライフの参考にしてもらうため、毎年、個人とグループを表彰している。今年度の個人には全国から75人の推薦があり、管内唯一の澤田さんを含む46人が選ばれた。実践者には「エイジレス章」と呼ばれる賞状が贈られる。

 澤田さんは本別郵便局長を退職した1991年以降、帯広市防犯協会むつみ支部の支部長として活動。防犯安全ニュースを自ら作成し配布するなど、精力的に取り組んできた。

 2年ほど前に主な役職を退いたが、現在も帯広署柏林台交番の連絡協議会委員を続けている。今回の表彰は郵政退職者の会「郵雪会」の推薦を受け、住みやすい地域づくりへの貢献が認められた結果で、澤田さんは「地域の恩返しのつもりで続けてきた。皆さんの力添えがあってこそ」と控えめに喜びを話す。

 澤田さんが、健康のために日課にしているのが毎日の散歩。1日5000歩を目標に、午前と午後の2回、自宅近くの道路や公園を歩いている。散歩途中は地域の変化にも目を配り、事故で曲がった交通標識を交番に連絡するなど見守り活動を独自に続けている。澤田さんは「健康寿命を続けるため、白寿(99歳)まで一生懸命歩きたい」と元気な笑顔を見せる。

関連記事

函館新聞

色柄、素材さまざま/初のハンドメイドマスクマーケット【函館】

 地元のハンドメイド作家やクラフト作家によるマスクとマスクアイテムの展示即売会「ハンドメイドマスクマーケット」が28日、函館蔦屋書店で始まった。手作りの布マスクをはじめ、マスク用のホルダーやピア...

函館新聞

平日夜に大人向け企画を開始・はこだてみらい館【函館】

 函館市の公益施設、はこだてみらい館(函館市若松町、キラリス函館3階)は、平日夜を中心に大人向けの講座などを開く取り組み「#オトナみらい館」を開始した。  同館は縦2・4メートル、横14・4...

日高報知新聞

故・畠山周子さんに町文化功労賞【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の美術講師と美術部技術指導顧問として、1997年(平成9年)4月から今年8月まで23年間の長きにわたり勤め、8月29日に急逝した故・畠山周子さん(享年71歳)に26日、町教...

日高報知新聞

町議会がコロナの影響調査【新ひだか】

【新ひだか】町議会厚生経済常任委員会(城地民義委員長)は26、27の両日、町内5産業団体を対象に所管事務調査を実施し、「新型コロナウイルス感染症による町内産業への影響について」、影響や課題、今後の対応...

苫小牧民報

秋サケ記録的不漁 最低年下回るペース-胆振海区

 苫小牧沿岸を含む胆振海区の秋サケ定置網漁が記録的な不漁に陥っている。20日現在の漁獲数は63万2364匹で、前年同期に比べて1割以上減り、年間では統計史上最低だった2017年度をも下回るペース...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス