北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

花かいどう「また来年」 函館新道沿いで撤去作業【函館】

函館新道沿道で行われた花の撤去作業

函館花いっぱい道づくりの会(折谷久美子代表)は25日、函館市石川・桔梗町地域の国道5号(函館新道)で、6月中旬から沿道を彩ってきた花を撤去した。有志約100人が参加し、冬を迎える準備を進めた。

 同会は周辺町会や沿線企業などで構成し、函館開発建設部、市などとも連携して2004年から17年間活動を続けている。今年は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小したが、6月中旬にベゴニアとマリーゴールド6400株を植えた。

 例年は撤去時もスポーツ少年団に所属する子どもたちや周辺の学校の児童、生徒らを交えて500~600人規模のマンパワーを駆使してきたが、今回は周辺町会や沿線企業から約100人の大人たちが参加し、作業を進めた。

 撤去した花は除雪ステーション構内でミミズの力で堆肥をつくり、来年の土壌とする。折谷代表(60)は「コロナ禍の中でできることは元気になってもらうこと。花を植えた後は『癒やされる』などの声をもらった。今年は子どもたちがいなくて寂しかったが、新たな仲間も増えて心強かった。来年は一緒に活動ができれば」と話していた。

 また、この日は国土交通省社会資本整備審議会の道路分科会長で、シーニックバイウェイ北海道の立ち上げにも関わった石田東生筑波大学名誉教授も茨城県から来函し、作業に参加。「除草にまで道路予算が回らない中、きれいな沿道づくりはありがたい。函館は花植活動のトップランナーで、全道の沿道に花が増えた」と活動をたたえた。

関連記事

日高報知新聞

故・畠山周子さんに町文化功労賞【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の美術講師と美術部技術指導顧問として、1997年(平成9年)4月から今年8月まで23年間の長きにわたり勤め、8月29日に急逝した故・畠山周子さん(享年71歳)に26日、町教...

日高報知新聞

町議会がコロナの影響調査【新ひだか】

【新ひだか】町議会厚生経済常任委員会(城地民義委員長)は26、27の両日、町内5産業団体を対象に所管事務調査を実施し、「新型コロナウイルス感染症による町内産業への影響について」、影響や課題、今後の対応...

苫小牧民報

秋サケ記録的不漁 最低年下回るペース-胆振海区

 苫小牧沿岸を含む胆振海区の秋サケ定置網漁が記録的な不漁に陥っている。20日現在の漁獲数は63万2364匹で、前年同期に比べて1割以上減り、年間では統計史上最低だった2017年度をも下回るペース...

苫小牧民報

冬レジャーにキャンプ注目 過去最多の利用ペース-苫小牧アルテン

 新型コロナウイルス感染防止のため、密を避けてレジャーを楽しむアウトドアブームが続いている。苫小牧市樽前のオートリゾート苫小牧アルテンのキャンプ場では、気温が下がる秋以降も客足が途切れず、10月...

十勝毎日新聞

サンタランド缶バッジ登場 町職員も着けてPR【広尾】

 ノルウェー・オスロ市から国内唯一の「サンタランド」として認定されている広尾町。大丸山森林公園内の「サンタの家」では今年から、サンタランドの缶バッジが販売されている。  マスコットキャラクタ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス