北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧市発熱検査センター開設へ コロナとインフルを同時に ウオークスルー方式

苫小牧市医師会(沖一郎会長)が新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、11月2日に開設する苫小牧発熱検査センターと小児発熱検査センターは、症状の見分けがつきにくいコロナとインフルの検査が同時にでき、発熱患者の不安が素早く解消される。インフルの判明は5分程度、コロナは翌日に判明する。直接行くことはできず、かかりつけ医などが必要と判断した場合に予約して専用施設を訪れる。

11月2日から開始(軽症者の場合)

 苫小牧発熱検査センターは、5月に開設した「苫小牧PCR検査センター」の機能を拡充する。対象は10歳以上。検査時間は平日の午後1時半~同5時で、検査人数は1日約40人を予定する。検査方法はPCRセンターと同じ「ウオークスルー方式」。主に電話でリモート診療し、検査が必要と判断された人は時間を予約し、自家用車で訪れて検体採取を受ける。

 小児発熱検査センターは新設で、対象は9歳以下の小児専門。一般的な検査センターでは検体採取が難しい場合もあるため、熟練した医師や看護師らによる診察態勢を敷く。苫小牧小児科医会の小児科医が、輪番制で検査に応じる。各センターは市内にいずれも1カ所ずつで、場所は患者のプライバシー保護や混乱を防ぐため非公表としている。

 発熱などでコロナ感染の疑いがある人が取る手続きは従来通り。まず、かかりつけ医や地域の医療機関、苫小牧保健所などに電話で相談する。軽症の場合はかかりつけ医らが診察や電話相談に応じ、必要に応じて発熱検査センターを紹介する。中等症、重症の場合はこれまでと同様、保健所が対応し、専門外来につなぐ。

 費用負担も従来通りで、PCR検査は無料(診察代は別途)、インフル検査は医療機関の保険適用と同額。

 相談場所が分からない人は▽市健康支援課 電話0144(32)6410または6411▽市医師会 電話0144(33)4720▽苫小牧保健所 電話0144(34)4168。24時間相談窓口はフリーコール(0800)2220018。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の娘・レディ 58年の輝き知って 衣装など展示【帯広】

 十勝・帯広の観光をPRする「すずらん娘」や「とかち青空レディ」の歴史を紹介する「娘・レディ展」が、帯広百年記念館(帯広市緑ケ丘2)ロビーで開かれている。元青空レディの力丸亜希子さん(44)=帯広...

十勝毎日新聞

藤丸、新たなテナントは「日産」 百貨店にディーラー常設店【帯広】

 帯広日産自動車(帯広市、村松一樹社長)のショールームが24日、藤丸にオープンした。ディーラーによる百貨店内での常設店は全国的に珍しい。帯広日産、藤丸の両社は「まちなかのにぎわい創出につなげた...

十勝毎日新聞

満寿屋が高級食パン 麦音で26日発売【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、高級食パン「みのりの恵み」を新たに商品化し、26日から市内の麦音店(稲田町南8線西16)で数量限定販売をスタートさせる。新銘柄の小麦「みのりのちから」を10...

函館新聞

不二屋本店が土産新商品「松前三宝漬」販売中【函館】

 土産物企画・卸売の不二屋本店(函館市西桔梗町、名取明彦社長)は、新たな土産品として「松前三宝漬」(160グラム入り、税込み1080円)を市内の土産物店などで販売している。道南の郷土料理・松前漬...

苫小牧民報

復興に欠かせぬ特産品 厚真産ハスカップ

作付け面積日本一を誇る厚真町の特産品ハスカップ。2018年9月の胆振東部地震で、町内の畑4分の1ほどが被災した。しかし、産業や観光などまちづくりに欠かせない貴重な地域資源とあって、官民挙げて復旧・...