北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

菊まつり 密避け楽しんで 規模縮小、人数制限や検温も【帯広】

 晩秋に彩りを添える「第51回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が31日、5日間の日程で帯広市内のとかちプラザで始まる。十勝では新型コロナウイルス禍で初めての大規模イベント。例年より規模を縮小し、人数制限など入念な感染対策を講じる。会場には華やかな大菊がずらりと並び、開幕を待っている。

開幕に向け、菊花を審査する関係者

 おびひろ菊まつりは帯広3大祭りの一つで、昨年は過去最多の約3万5000人が訪れた。今年は会場を館内の大集会室とギャラリーのみとし、一度に入場できるのは60人程度に制限される。開会式やステージイベントは行わない。

 来場者はマスク着用が必須で、受付でサーモグラフィーカメラなどで体温を測定し、名前と電話番号を記入する。入場待ちの来場者は会場隣のアトリウムで待機し、交付された番号が呼ばれてから入場する。

 目玉の総合花壇のテーマは「秋の彩りとせせらぎの音」。日高山脈の山並みの写真を背景に川の流れをイメージした幅約10メートル、奥行き約3メートルのステージに、約1000株の色とりどりの菊が飾られる。鳥のさえずりや小川の流れのBGMを流す予定で、「コロナ下で落ち込んでいる人たちが癒やされてほしい」との願いが込められている。

 総合花壇の周りには、帯広菊花同好会の会員17人が1年以上かけて育てた約500株のほか、池田町や音更町の菊花同好会、一般参加者の作品が並ぶ。総合花壇を含めた、まつり全体の菊の数は約1600株。

 開幕を控え、30日は全日本菊花連盟公認指導員らが花の大きさやバランスなどを審査。まつりを共催する帯広菊花同好会の鈴木信一会長は「コロナ禍で開催が不透明だった間も、丹精込めて育ててきた。この夏は雨が多くて苦労したが、きれいに咲いた花を見ていただけたらうれしい」と話した。

 主催の同委員会は「十勝でも感染者が相次いでいる中、どれだけ入場があるかは正直、未知数。国や道の指針などを基に、考えられる限りの対策を実施していく」としている。

 11月4日まで。午前9時~午後5時(最終日は午後4時まで)。入場無料。問い合わせは同委員会(0155・22・8600)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

地元の食ずらり 道の商品券使用も 藤丸で大収穫市【帯広】

 「とかち大収穫市うまいもんまつり」が12日午前、藤丸7階催事場で始まった。道が発行する「プレミアム付どさんこ商品券」が十勝管内で使える初の機会とあって、多くの人が訪れた。17日まで。  藤...

十勝毎日新聞

動画で駅前ともそう コロナ禍・イルミネーション事業【帯広】

 冬の帯広中心部を電球の明かりで彩る「おびひろイルミネーションプロジェクト」が、28日~来年2月23日の予定で展開される。20回目の今年は初の試みとして、「コロナ禍を明るく乗り切ろう」をテーマにメ...

十勝毎日新聞

黄金色 イチョウのライトアップ開始【音更】

 音更町のむつみアメニティパーク(木野西通13)沿いの木野北通で25日、イチョウ(銀杏)並木のライトアップが始まった。黄金色に色づいたイチョウの葉が照らされ、通りを歩く人の目を引いている。 ...

十勝毎日新聞

今年は来店ラリー方式 「マルシェ」好調【十勝】

 十勝管内の飲食店などを巡る「とかちマルシェ」(9月19日~10月末)が最終盤を迎えた。割引チケットやスタンプラリーの効果もあり、飲食店の利用促進や地域を越えた回遊につながっていると評価されている...

室蘭民報

RFLセルフウォークリレー、24日開始「多くの参加を」 RFL実行委【室蘭】

歩数が募金、支援訴え  がんに負けない社会づくりを目指したチャリティー活動「リレー・フォー・ライフ・ジャパン(RFL)」。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国各地域での開催が中止される中、2...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス