北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

菊まつり 密避け楽しんで 規模縮小、人数制限や検温も【帯広】

 晩秋に彩りを添える「第51回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が31日、5日間の日程で帯広市内のとかちプラザで始まる。十勝では新型コロナウイルス禍で初めての大規模イベント。例年より規模を縮小し、人数制限など入念な感染対策を講じる。会場には華やかな大菊がずらりと並び、開幕を待っている。

開幕に向け、菊花を審査する関係者

 おびひろ菊まつりは帯広3大祭りの一つで、昨年は過去最多の約3万5000人が訪れた。今年は会場を館内の大集会室とギャラリーのみとし、一度に入場できるのは60人程度に制限される。開会式やステージイベントは行わない。

 来場者はマスク着用が必須で、受付でサーモグラフィーカメラなどで体温を測定し、名前と電話番号を記入する。入場待ちの来場者は会場隣のアトリウムで待機し、交付された番号が呼ばれてから入場する。

 目玉の総合花壇のテーマは「秋の彩りとせせらぎの音」。日高山脈の山並みの写真を背景に川の流れをイメージした幅約10メートル、奥行き約3メートルのステージに、約1000株の色とりどりの菊が飾られる。鳥のさえずりや小川の流れのBGMを流す予定で、「コロナ下で落ち込んでいる人たちが癒やされてほしい」との願いが込められている。

 総合花壇の周りには、帯広菊花同好会の会員17人が1年以上かけて育てた約500株のほか、池田町や音更町の菊花同好会、一般参加者の作品が並ぶ。総合花壇を含めた、まつり全体の菊の数は約1600株。

 開幕を控え、30日は全日本菊花連盟公認指導員らが花の大きさやバランスなどを審査。まつりを共催する帯広菊花同好会の鈴木信一会長は「コロナ禍で開催が不透明だった間も、丹精込めて育ててきた。この夏は雨が多くて苦労したが、きれいに咲いた花を見ていただけたらうれしい」と話した。

 主催の同委員会は「十勝でも感染者が相次いでいる中、どれだけ入場があるかは正直、未知数。国や道の指針などを基に、考えられる限りの対策を実施していく」としている。

 11月4日まで。午前9時~午後5時(最終日は午後4時まで)。入場無料。問い合わせは同委員会(0155・22・8600)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

コロナも退散 力作そり疾走 忠類ナウマン全道大会【幕別】

 段ボール製のそりで速さとデザインのユニークさを競う「忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が21日、幕別町忠類白銀台スキー場で開かれた。晴天にも恵まれ、管内外から参戦した17台が趣向を凝ら...

十勝毎日新聞

3000個の幻想「氷灯夜」【芽室】

 芽室町の冬の風物詩「氷灯夜2021」(同町観光物産協会主催)が6日夜、町内の芽室公園で開かれた。3000個を超すアイスキャンドルの火が会場を照らし、訪れた家族連れらは幻想的な空間を楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

“藤の花”揺れた氷まつり 最終日にぎわう【帯広】

 「第58回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)は31日、最終日を迎えた。天候にも恵まれ、メイン会場の「夢の北広場」(JR帯広駅北側)には、午前中から多くの家族連れが訪れ、氷雪像前...

十勝毎日新聞

滝川市の山本さん氷彫刻最高賞 氷まつり【帯広】

 第58回おびひろ氷まつりの「第37回北海道氷彫刻展冬季帯広大会」(帯広のまつり推進委主催)で、最高位の北海道知事賞に、「ログホテル メープルロッジ」(岩見沢市)の料理長山本剛史さん(37)=...

名寄新聞

月明かりに照らされ・ムーンウオーク開幕【下川】

 満月に照らされた積雪の夜の森林を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)主催「ムーンウオーク」が、今年も28日から始まり、五味温泉隣接のエコハウス「美桑」前集合、体験の森で開かれている。  各...