北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

看護学生の手話講座【浦河】

 浦河赤十字看護専門学校の1年生19人を対象にした「手話講座」が17日、浦河町東町ちのみ1の同校で開かれ、ろうあ者への理解と知識を深めた。日高振興局と日高圏域障がい者が暮らしやすい地域づくり委員会主催。

 道は障がいがあっても安心して暮らすことができる社会づくりを目指し、「北海道障がい者条例」に基づき、全道14振興局ごとに「障がい者が暮らしやすい地域づくり委員会」を設置。

 日高圏域の委員会では、「北海道障がい者の意思疎通の総合的な支援に関する条例」と「北海道言語としての手話の認識の普及に関する条例」が2018年4月に施行されたことに伴い、障がいがある人も、そうでない人も共に生活できる共生社会の実現を目指す取り組みの一つとして、前年度に引き続き若年層の理解促進を図るため、学生を対象として手話講座を実施している。

 講師は町内在住で印刷会社に勤務するろうあ者の伊東孝朗(たかお)さん(49)と通訳の2人。

 伊東さんは「耳が聞こえないとコミュニケーションが難しく、困る場面が多い。コロナ禍でマスクをしている人が多く、口元が見えないため口の動きがわからなく口話ができない。正確な情報が得られないため、災害で逃げ遅れることがでてくる」などと日々の苦労を話した。

 コミュニケーションの仕方は手話や筆談、口話で行うと言い、会社では手話は使わず、口の動きを見て会話しているという。学生からの「朝はどうやって起きているのか」の質問に「光やバイブレーションが目覚まし時計代わり」と答えた。

 続いての手話体験では、伊東さんの実演やテキストを見ながら練習。学生一人ひとりが「こんにちは、初めまして。私の名前は〇〇です。看護師を目指してます。よろしくお願いします」と手話で発表した。

 最後に伊東さんは「今日の講座の内容は難しかったと思うが、ろうあ者には手話が必要なのです。皆さんは卒業した後はいろいろな病院に勤務するでしょう。そこでは浦河よりもろうあ者がいる地域かもしれません。手話や筆談で話し、お互いを理解してコミュニケーションをとることが大切。手話を覚えてくれたらうれしい」と呼び掛けた。

 受講した神谷紅巴(くれは)君(18)は「手話は難しかった。事前に手話の学習をしてきたが、個人学習と実際で行うのはすごく違うと感じた。これから勉強していきたい」と話していた。

 12月16日にも浦河高校の1年生と3年生を対象に手話講座が開かれる。

伊東さん(左)に手話で自己紹介する看護学生(右)

関連記事

日高報知新聞

電話は「鳴りっぱなし」【浦河】

 浦河町は6日朝、高齢者(65歳以上)の新型コロナワクチン接種の電話予約を開始した。午前9時からの受け付けで予約窓口の町保健センターの6回線の電話は鳴りっぱなしで、職員は対応に追われた。   町に...

日高報知新聞

課題山積、職員一丸で【新冠】

【新冠】4月20日告示の町長選挙で再選し、5月1日から任期がスタートした鳴海修司町長が6日初登庁し、職員に町政運営への思いを伝えた。任期は2025年4月30日まで。  午前8時半に登庁した鳴海町長は...

苫小牧民報

苫漁協のホッキ漁国際新認証を取得 世界基準で価値高める

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は20年連続水揚げ日本一のホッキ漁で、水産エコラベルの国際認証「マリン・エコ・ラベル」(MEL)のバージョン2を取得した。同漁協が取得していた旧認証の終了に伴い...

苫小牧民報

地域おこし協力隊員 新たに男性2人 「白老のために」意欲

白老町の地域おこし協力隊員として新たに2人の若い男性が採用され、6日に町役場で委嘱状が交付された。  協力隊員になったのは、熊本市出身の安田裕太郎さん(26)=観光振興担当=と、札幌市出身の山﨑...

十勝毎日新聞

畑に点々 期待の緑 ビートの苗 移植ピーク【上士幌】

 砂糖の原料となるビートの苗の移植作業が、主産地の十勝管内でピークを迎えている。ビニールハウスで育てた苗は機械で次々と植え付けられ、畑の土色と苗の緑色が鮮やかなコントラストをなしている。  上...