北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 藤丸 予約例年の2倍【帯広】

今年も解禁日を迎えたボージョレ・ヌーボー

 フランス産の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、19日午前0時に解禁され、十勝管内でも早速、店頭に並んだ。新型コロナウイルスの感染拡大で外食の需要が低下しているさなかの解禁だが、販売店の事前予約は好調で、自宅で楽しむ「家飲み」需要に期待を寄せている。

 ボージョレ・ヌーボーは、仏ボージョレ地区で今年収穫したブドウを使って醸造した新酒。毎年11月の第3木曜日に販売が解禁となる。日本の輸入量はピーク時の2004年に比べて半減しているが、従来よりも高価格帯の商品を仕入れるなど工夫している。

 百貨店の藤丸(帯広市西2南8)では、解禁日前の予約本数が例年の2倍と好調。ワイン売り場の担当者は「飲食店で飲む機会が少ない中、自宅でいつもより高い価格のワインを楽しもうというお客さまが多い」とみる。多くの商品が品薄となり、解禁日に合わせて急きょ仕入れたという。

 ワインプラザカワイ(同西18南3)では、1900~5500円の12種類約150本を入荷。「プレミアム」と呼ぶ4000円以上の高価格帯のワインを推す川合宏良社長は、「渋みの少なさに加え、コクがある。従来のヌーボーのイメージとは違う味が楽しめるはず」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...

十勝毎日新聞

ビーツサイダー フロートに 幸福駅【帯広】

 帯広市内の旧国鉄広尾線幸福駅のカフェ「幸福村」(三浦直美代表)は、地サイダー「帯広ビーツサイダー」を使ったフロートを販売している。  地サイダーを企画する、とかちリージョナルネットワーク(帯...

十勝毎日新聞

余剰豆乳で充填豆腐 中田食品「あったらラッキー!?」【帯広】

 十勝産大豆での豆腐づくりにこだわる中田食品(帯広市、貴戸武利社長)は、製造過程で発生する余剰豆乳を使った新商品の充填(じゅうてん)豆腐「ちょびきぬ」を3日から、音更町のスーパー・ハピオ木野で...

十勝毎日新聞

PB牛で初商品「十勝四季彩牛レトルトカレー」 佐々木畜産【帯広】

 佐々木畜産(帯広市、佐々木章哲社長)は、グループで飼養するブランド牛「十勝四季彩牛」を使ったレトルトカレーを商品化し、本社工場に隣接する直売コーナー(西24南1)を中心に販売している。同牛を使っ...

十勝毎日新聞

地サイダー「新名所に」 駅に自販機 全9種【帯広】

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は26日午前、JR帯広駅改札西側に設置した地サイダー専用の自動販売機1台と新作地サイダーのお披露目会を同駅で開いた。関係者は地サイダーの新たな販路や帯広駅の新...