北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

来月5日に花の消費拡大セミナー 道農政事務所【函館】

ポスターを前に来場を呼び掛ける木村さん

 道農政事務所函館地域拠点は12月5日午後1時半から、函館国際ホテルで道南の花卉(かき)の生産振興と消費拡大を目的としたセミナーを開く。講演や実演を通じ、新型コロナウイルスで苦境を強いられる生産者や花店を応援するため、日常的に花を家庭や職場に飾ることを提案する。

 農林水産省が取り組む「花いっぱいプロジェクト」の一環。渡島総合振興局と桧山振興局など後援。同拠点でも七飯町がカーネーションの作付けが全道一などの現状を踏まえ、花の需要回復が急務と判断、今回初めて一般市民対象のセミナーを企画した。

 全体の司会を函館生花商協同組合理事長の星井英人さんが務める。

 講演は、七飯町花卉生産出荷組合カーネーション部会長の藤田幸成さん、大野農業高校の農業クラブ、浅水フラワーガーデン(函館)のフローリスト、浅水宏文さんが登壇する。花の産地の状況や植物を飾る良さについて話す。

 実演では、かざ車フラワーデザインスクール(函館)を主宰する高崎宏美さんが花飾りの制作を指導する。

 同拠点の木村浩之総括農政推進官は「花が身近にある新たな生活習慣を提案したい。コロナ禍で家の中に閉じこもっているとストレスもたまるので、花の持つ癒しを感じてほしい」と来場を呼び掛ける。

 定員は先着50組(1組は親子2人まで)で、定員に達し次第締め切る。27日午後5時まで申し込みを受け付ける。

 同4時まで。参加無料。インターネットの申し込みフォーム(別表)またはファクス(0138・26・7744)で。問い合わせは同拠点(同26・7800)へ。

関連記事

苫小牧民報

白老の魅力を発信 おもてなしガイドセンター発足 観光振興に一役

白老町の観光ガイド養成講座を受講した有志らが14日、「白老おもてなしガイドセンター」を立ち上げた。旅行者に豊かな自然やアイヌ文化など白老の魅力を発信する組織。町民17人が会員となり、まちの観光振興...

苫小牧民報

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

十勝毎日新聞

福原「塩ザンギ」金賞 管内スーパーで初 からあげGP【帯広】

 スーパー・福原(帯広市)の総菜「デカ旨!塩ザンギ」が、第12回からあげグランプリ・北日本スーパー惣菜部門で金賞に輝いた。十勝のスーパーでは初めて。同社は「ヘルシーだが、ぱさつきがちな『鶏ムネ肉...

十勝毎日新聞

森の里コミセンに期日前投票所新設 市選管次期衆院【帯広】

 帯広市選挙管理委員会は、年内に実施される衆院選で、森の里コミュニティセンター(西22南4)を新たに期日前投票所とする。新型コロナウイルス感染の拡大防止や、有権者の利便性向上が目的。市内の期日前...

十勝毎日新聞

静かにもぐもぐ 初めての給食 市内小学校【帯広】

 帯広市内の小学校で15日、4月に入学した1年生の給食が始まった。教諭が新型コロナウイルスの感染対策を指導する中、児童は笑顔で給食を頬張った。  開西小(和田尚史校長、児童241人)は今月、3...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス