北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

CT装置の活用で連携 室工大と市テクノセンター、覚書締結【室蘭】

覚書を締結した室蘭工大の河合副学長(右)とテクノセンターの鴨田館長

「ものづくり企業支援を」

 室蘭工業大学(室蘭市水元町)と苫小牧市テクノセンター(苫小牧市柏原)は20日、それぞれが保有する産業用X線CT装置の積極的な利活用を図るための「CTプラットフォーム」を創設・運用する覚書を締結した。 

 室蘭工大と同センターは、産業用X線CT装置を各1台保有。さらに同センターでは本年度、新たに国内最先端クラスの「超微細四次元X線CT解析装置」を導入した。

 これにより、胆振地域にX線出力クラスが異なる国内トップクラスの装置が3台そろったことになり、地域企業の開発支援の場で有効活用してもらおう―と今回の締結に至った。

 覚書により両者は、装置の利用促進、地域企業の技術相談に対応するための窓口の設置、研究機関職員や学生などを対象とした技術講習会の開催、研究開発支援などで連携・協力する。

 見込む効果としては、両者が保有する計3台の装置を地域に集積することによる利便性の向上、大学と公設試の連携による企業ニーズへの対応能力向上、解析結果に対する室蘭工大の専門教員による技術支援向上など。

 この日の締結式で室蘭工大の河合秀樹副学長は「産官学の緊密な連携プラットフォームが形成される。プロジェクトの発展に少しでも役に立てれば」と述べた。

 同センターの鴨田秀一館長は「今まで以上に企業のものづくりに支援できると思う。大学と今まで以上に連携を密にして企業支援をしていきたい」と話した。

関連記事

苫小牧民報

白老の魅力を発信 おもてなしガイドセンター発足 観光振興に一役

白老町の観光ガイド養成講座を受講した有志らが14日、「白老おもてなしガイドセンター」を立ち上げた。旅行者に豊かな自然やアイヌ文化など白老の魅力を発信する組織。町民17人が会員となり、まちの観光振興...

苫小牧民報

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

十勝毎日新聞

福原「塩ザンギ」金賞 管内スーパーで初 からあげGP【帯広】

 スーパー・福原(帯広市)の総菜「デカ旨!塩ザンギ」が、第12回からあげグランプリ・北日本スーパー惣菜部門で金賞に輝いた。十勝のスーパーでは初めて。同社は「ヘルシーだが、ぱさつきがちな『鶏ムネ肉...

十勝毎日新聞

森の里コミセンに期日前投票所新設 市選管次期衆院【帯広】

 帯広市選挙管理委員会は、年内に実施される衆院選で、森の里コミュニティセンター(西22南4)を新たに期日前投票所とする。新型コロナウイルス感染の拡大防止や、有権者の利便性向上が目的。市内の期日前...

十勝毎日新聞

静かにもぐもぐ 初めての給食 市内小学校【帯広】

 帯広市内の小学校で15日、4月に入学した1年生の給食が始まった。教諭が新型コロナウイルスの感染対策を指導する中、児童は笑顔で給食を頬張った。  開西小(和田尚史校長、児童241人)は今月、3...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス