北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

CT装置の活用で連携 室工大と市テクノセンター、覚書締結【室蘭】

覚書を締結した室蘭工大の河合副学長(右)とテクノセンターの鴨田館長

「ものづくり企業支援を」

 室蘭工業大学(室蘭市水元町)と苫小牧市テクノセンター(苫小牧市柏原)は20日、それぞれが保有する産業用X線CT装置の積極的な利活用を図るための「CTプラットフォーム」を創設・運用する覚書を締結した。 

 室蘭工大と同センターは、産業用X線CT装置を各1台保有。さらに同センターでは本年度、新たに国内最先端クラスの「超微細四次元X線CT解析装置」を導入した。

 これにより、胆振地域にX線出力クラスが異なる国内トップクラスの装置が3台そろったことになり、地域企業の開発支援の場で有効活用してもらおう―と今回の締結に至った。

 覚書により両者は、装置の利用促進、地域企業の技術相談に対応するための窓口の設置、研究機関職員や学生などを対象とした技術講習会の開催、研究開発支援などで連携・協力する。

 見込む効果としては、両者が保有する計3台の装置を地域に集積することによる利便性の向上、大学と公設試の連携による企業ニーズへの対応能力向上、解析結果に対する室蘭工大の専門教員による技術支援向上など。

 この日の締結式で室蘭工大の河合秀樹副学長は「産官学の緊密な連携プラットフォームが形成される。プロジェクトの発展に少しでも役に立てれば」と述べた。

 同センターの鴨田秀一館長は「今まで以上に企業のものづくりに支援できると思う。大学と今まで以上に連携を密にして企業支援をしていきたい」と話した。

関連記事

根室新聞

地元出身学生応援「旨いをお届け隊」第2弾 発送開始【根室】

 根室市出身学生を応援するため「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室)が20日まで募集していた「根室出身学生応援!ねむろの旨いをお届け隊!」の第2弾は、最終的に道内外から337件の...

苫小牧民報

植苗地区のIR候補地特定 自然環境対策、道が了承 インフラ整備は苫小牧市..

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧市は25日までに、自然環境対策について道から一定の理解を得られたとして、市内植苗地区の約100ヘクタールを候補地に特定し誘致活動を進め...

日高報知新聞

播磨さんが総合優勝【浦河】

北海道釣魚連盟浦河支部北の釣会(三角浩之支部長)の今年最後となる11月例会が8日、会員14人が参加して浦河町浦河港~えりも町庶野展望台下間で行われ、庶野トセップ展望台下に入釣した播磨晃一さん(ラーメ...

日高報知新聞

3連休まずまずの人出【えりも】

【えりも】初冬3連休の襟裳岬は、まずまずの人出でにぎわった。中日の22日はあいにくの小雨模様だったが、正午ごろにはGoToトラベル利用の観光バス2台と乗用車30台ほどが駐車し、観光センターは食事や...

室蘭民報

順調に初出銑、「最適な生産体制構築」 日鉄室蘭第2高炉【室蘭】

 日本製鉄室蘭製鉄所(湊博之所長)で22日に稼働を再開した第2高炉は、23日午前11時に初出銑した。順調に稼働しており、同所は「需要動向に対応した最適な生産体制を構築していく」と話している。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス