北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

干し柿、浜風で甘くな~れ 長和の佐藤さん宅で千個収穫【伊逹】

長和町の佐藤さん宅で、すだれのように干してある柿の実

 伊達市長和町の佐藤一也さん(81)宅で、今年も柿を天日干しする光景が広がっている。佐藤さんと妻の昭子さん(77)が20年以上続ける干し柿作り。「みんなに配って『おいしいね』と言われるのが楽しみなんです」と昭子さんは笑う。

 三十数年前に1メートルほどの柿の木を友人からもらい、庭に植えたのが始まり。数年後にたくさんの実を付け、干し柿作りを始めた。毎年、親戚やきょうだい、近所に配り喜ばれている。

 今年の9月には、10キロ入り米袋で5袋分の柿が落ちたという。それでも11月上旬に息子、娘夫婦の協力を得て約1千個を収穫した。実は皮をむき90センチほどのビニールテープに10個ずつくくり付け家の前につるす。

 日光と冷たい浜風で甘さは増す。大きさにもよるが、1カ月ほどであめ色になり、耳たぶのやわらかさくらいになったら食べごろだ。昭子さんは「『おいしくな~れ。甘くな~れ』と願って見ています。元気なうちは続けていきます」。

関連記事

苫小牧民報

白老の魅力を発信 おもてなしガイドセンター発足 観光振興に一役

白老町の観光ガイド養成講座を受講した有志らが14日、「白老おもてなしガイドセンター」を立ち上げた。旅行者に豊かな自然やアイヌ文化など白老の魅力を発信する組織。町民17人が会員となり、まちの観光振興...

苫小牧民報

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

十勝毎日新聞

福原「塩ザンギ」金賞 管内スーパーで初 からあげGP【帯広】

 スーパー・福原(帯広市)の総菜「デカ旨!塩ザンギ」が、第12回からあげグランプリ・北日本スーパー惣菜部門で金賞に輝いた。十勝のスーパーでは初めて。同社は「ヘルシーだが、ぱさつきがちな『鶏ムネ肉...

十勝毎日新聞

森の里コミセンに期日前投票所新設 市選管次期衆院【帯広】

 帯広市選挙管理委員会は、年内に実施される衆院選で、森の里コミュニティセンター(西22南4)を新たに期日前投票所とする。新型コロナウイルス感染の拡大防止や、有権者の利便性向上が目的。市内の期日前...

十勝毎日新聞

静かにもぐもぐ 初めての給食 市内小学校【帯広】

 帯広市内の小学校で15日、4月に入学した1年生の給食が始まった。教諭が新型コロナウイルスの感染対策を指導する中、児童は笑顔で給食を頬張った。  開西小(和田尚史校長、児童241人)は今月、3...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス