北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コロナ禍ここにも 盲導犬募金減少【十勝】

 新型コロナウイルスが盲導犬の育成にも影響を及ぼしている。北海道盲導犬協会(札幌)が行う啓発活動やイベントは相次いで中止となり、盲導犬の育成にかかる募金収入が減少。帯広でも、関連団体が15日に計画していた街頭募金が感染拡大により中止に追い込まれた。道内では今も十勝在住者を含む約20人の視覚障害者が盲導犬の貸与を待っており、コロナ収束の見通しも立たない中、厳しい状況が続いている。

中原さんに寄り添う「オペラ」。コロナ禍で盲導犬の育成に使われる募金収入は減っている

 道内の盲導犬は同協会が育成・貸与している。十勝管内では現在3人が貸与を受け、盲導犬をパートナーに暮らしている。

 同協会によると、盲導犬1頭を育成するのに約500万円の費用が必要で、例年は飲食店などに設置の「ミーナの募金箱」や街頭活動で募金を呼び掛ける。同募金箱は道内では6000カ所、十勝管内でも209カ所に置かれている。ただ、今年は新型コロナの影響で飲食店休業や外出自粛があり、「集計はこれからだが寄付額の減少が懸念される」(同協会)という。

 帯広では例年行われている「福祉フェスティバル」をはじめとするイベントなどでの啓発活動や、街頭募金も相次いで中止に。ここ数週間の感染拡大でさらに状況は厳しさを増し、「民間のイベントの中止が広がり、(募金額も含めて)先の見通しが立たなくなっている」(同)。また、視覚障害者向けに行う、盲導犬を知って体験する機会も失われているという。

 十勝視覚障害者の会とガイドヘルプボランティアくるみの会(帯広)が「帯広から北海道を盛り上げよう」と、15日に市内で計画していた街頭募金も中止となった。管内の視覚障害者とパートナーの盲導犬も参加し、盲導犬への理解と支援を呼び掛ける予定だった。

 街頭募金に参加を予定していた市内の中原雪子さんは、7年ほど前に病気で視力をほぼ失い、5年前に盲導犬の「オペラ」(6歳、ラブラドルレトリバー)をパートナーに迎えた。盲導犬について知ってもらおうと小学校などで講演してきたが、それもコロナ禍でできなくなった。

 中原さんは「街中で盲導犬を見ても触らないでほしい。困っている様子だったら声を掛けて」とする一方、「悪気はなく、盲導犬について知らない人が多い。後輩犬のためにもユーザーとして伝えていきたい思いはある」と講演活動を再開できる日を待っている。

 十勝視覚障害者の会とくるみの会の街頭募金は中止になったが、事前に寄せられた約3万円は道盲導犬協会に寄付された。寄付は同協会のホームページからでき、併せて「ミーナの募金箱」の設置者も募集している。

関連記事

十勝毎日新聞

町産高麗人参あめ 改良加えて再登場 観光物産館【陸別】

 町産の高麗人参を使った「しばれる町の高麗人参飴(あめ)」の販売が、道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館で始まった。  薬用植物栽培研究事業を展開する陸別町が製造。昨年冬に初登場し...

十勝毎日新聞

中林 初の3位 「来年もメダル目指す」 トランポリン【十勝】

 トランポリンの川崎ジャパンオープン(昨年12月12、13日・神奈川県川崎市のとどろきアリーナ、川崎市スポーツ協会主催)のマスターズ部門30~39歳女子の部で、中林真由香(39)=十勝トランポ...

十勝毎日新聞

風にころころ「雪まくり」【十勝】

 士幌町や帯広市などの郊外の畑で17日、強い風によって、雪の塊が出来上がる「雪まくり」の現象が見られた。雪原一面に塊や、雪だるまを転がしたような跡が走り、自然が時折見せるいたずらを垣間見ること...

函館新聞

国際ソロプチミスト函館5クラブ合同交流会、親睦深める【函館】

 女性奉仕団体の国際ソロプチミスト函館(三上謡子会長)は16日、函館国際ホテルで5クラブ合同交流会を開いた。会員ら約60人が出席し、1年の活動を振り返りつつ親睦を深めた。  三上会長は新型コ...

函館新聞

函館市3日連続最多更新の30人、累計300人突破【函館】

 市立函館保健所は16日、函館市内で新たに30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。日別の感染者数は3日連続で最多を更新し、感染者の累計は302人となり、300人を超えた。このうちの133...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス