北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「魚べい」「徳寿」室蘭初出店、4店舗来秋オープンへ モルエ中島3期工事【室蘭】

来秋オープンに向け、アパートの解体工事などが行われているモルエ3期工事の予定地

 西胆振最大のショッピングセンター・モルエ中島(室蘭市中島本町)の3期工事開発計画の概要が、26日までに分かった。同施設を運営する日鉄興和不動産(本社東京)が、日本製鉄室蘭製鉄所所有のアパート跡地を活用して、室蘭初出店の2店舗を含む飲食と物販の計4店舗を誘致し、全店来秋のオープンを目指す。さらに4期工事につながる新たな敷地の開発も計画している。

 26日までに誘致が決まっているのは、元気寿司(本社宇都宮市)が運営する回転ずしの「魚べい」と、梨湖フーズ(本社札幌市)が運営する「焼肉徳寿」で、2店舗とも室蘭初出店となる。

 建設予定地は、1期工事のモルエA~F棟から市道を挟んで向かい側。面積は約7121平方メートルで、日鉄興和不動産が四つの店舗(店舗面積約130~990平方メートル)を建設し、それぞれ賃貸する。約100台分の駐車場を確保し、出入り口は北側を除く3方向に設ける。歩行者の安全確保のため、南と西側の歩道の幅員も現在の約1メートルから約3メートルに拡幅する。

 日鉄室蘭が実施しているアパートの解体工事は今年7月から始まり、12月に終了する。3期工事の全ての概要は、来年2月に発表する。計画では、5月中旬に建物、歩道工事を着工し、10~11月にかけて順次店舗がオープンする予定。

 日鉄興和不動産室蘭事業所の鈴木誠治所長は、室蘭民報の取材に対し「モルエの来店客を対象にアンケートを実施したところ、飲食店の需要が根強くあった。施設全体の滞在時間を増やすために、飲食店を多くしたいとの思いから今回の誘致を決めた」と答えた。

 また日鉄室蘭は、レストランビアキャビンからモルエ側の敷地にあるアパートも併せて解体。日鉄興和不動産が土地を借りて来年以降の開発を進める。誘致する業種・店舗は、来店客の意向などを基に検討する。

 鈴木所長は「中島地区を室蘭の中心的なエリアにしていくべきで、こうした仕掛けが必要。起爆剤を作り、JR東室蘭駅西口から人の流れをつくることがわれわれの役目でもある」と抱負を語った。

関連記事

名寄新聞

「大寒」に厳しい寒さ・今季最低気温を観測

 「大寒」の20日、本紙管内では厳しい寒さに見舞われ、早朝には今シーズン最低気温を観測した。  旭川地方気象台のアメダスのデータによると、最低気温は名寄マイナス25・4度(午前6時10分)、美深マイナ...

函館新聞

「フロアボール」競技の輪広まれ 道南で普及活動【函館】

 プラスチック製のスティックと穴の開いたボールを使用して得点を競う室内競技の「フロアボール」を普及させようと、アイスホッケーチームのFUNKY STUFFを中心としたメンバーが週1回、七飯町鶴野...

函館新聞

丸井今井の思い出教えて 開業130周年でエピソード募集【函館】

 函館市本町の丸井今井函館店は、今年4月で開業130周年を迎えることを記念し、旧店舗建物の市地域交流まちづくりセンター(末広町)と協力し、旧店舗時代から現在までの丸井今井にまつわる思い出エピソー...

日高報知新聞

寒締めホウレンソウ【平取・日高】

【平取・日高】しわのある葉が特徴の冬の味覚「寒締めホウレンソウ」の収穫作業が平取・日高両町で最盛期を迎えている。  平取町紫雲古津の香田文雄さんは、寒締めホウレンソウをビニールハウス1棟(180...

日高報知新聞

稲田家と洲本城下町【新ひだか】

【新ひだか】町教委主催の町博物館第7回特別展示関連講演会「稲田家と洲本城下町」が16日、同館多目的集会室で開かれ16人が参加した。  この日は、兵庫県洲本市立淡路文化史料館の金田匡史(こんだ・まさし...