北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「魚べい」「徳寿」室蘭初出店、4店舗来秋オープンへ モルエ中島3期工事【室蘭】

来秋オープンに向け、アパートの解体工事などが行われているモルエ3期工事の予定地

 西胆振最大のショッピングセンター・モルエ中島(室蘭市中島本町)の3期工事開発計画の概要が、26日までに分かった。同施設を運営する日鉄興和不動産(本社東京)が、日本製鉄室蘭製鉄所所有のアパート跡地を活用して、室蘭初出店の2店舗を含む飲食と物販の計4店舗を誘致し、全店来秋のオープンを目指す。さらに4期工事につながる新たな敷地の開発も計画している。

 26日までに誘致が決まっているのは、元気寿司(本社宇都宮市)が運営する回転ずしの「魚べい」と、梨湖フーズ(本社札幌市)が運営する「焼肉徳寿」で、2店舗とも室蘭初出店となる。

 建設予定地は、1期工事のモルエA~F棟から市道を挟んで向かい側。面積は約7121平方メートルで、日鉄興和不動産が四つの店舗(店舗面積約130~990平方メートル)を建設し、それぞれ賃貸する。約100台分の駐車場を確保し、出入り口は北側を除く3方向に設ける。歩行者の安全確保のため、南と西側の歩道の幅員も現在の約1メートルから約3メートルに拡幅する。

 日鉄室蘭が実施しているアパートの解体工事は今年7月から始まり、12月に終了する。3期工事の全ての概要は、来年2月に発表する。計画では、5月中旬に建物、歩道工事を着工し、10~11月にかけて順次店舗がオープンする予定。

 日鉄興和不動産室蘭事業所の鈴木誠治所長は、室蘭民報の取材に対し「モルエの来店客を対象にアンケートを実施したところ、飲食店の需要が根強くあった。施設全体の滞在時間を増やすために、飲食店を多くしたいとの思いから今回の誘致を決めた」と答えた。

 また日鉄室蘭は、レストランビアキャビンからモルエ側の敷地にあるアパートも併せて解体。日鉄興和不動産が土地を借りて来年以降の開発を進める。誘致する業種・店舗は、来店客の意向などを基に検討する。

 鈴木所長は「中島地区を室蘭の中心的なエリアにしていくべきで、こうした仕掛けが必要。起爆剤を作り、JR東室蘭駅西口から人の流れをつくることがわれわれの役目でもある」と抱負を語った。

関連記事

函館新聞

おでん、クリスマス列車楽しんで いさ鉄【函館】

 北海道オプショナルツアーズ(札幌)は、道南いさりび鉄道(函館、川越英雄社長)の観光列車「ながまれ海峡号」を使った「いさりびおでん列車」(11月20日)と「クリスマストレイン」(12月25日)を...

函館新聞

乾燥ニンニクいかが 北斗で販売中 ソーシャル・エイジェンシー【北斗】

 【北斗】野菜の有機栽培に取り組む「ソーシャル・エイジェンシー」(函館市富岡町1、榊清市社長)は、自社農場で育てた乾燥ニンニクを販売している。大人のこぶしよりひと回り大きいサイズで、素揚げや丸焼...

日高報知新聞

静内ロータリーへ【新ひだか】

【新ひだか】町は13日、姉妹都市交流事業の中の米国ケンタッキー州レキシントン市語学留学事業資金に300万円を寄付した静内ロータリークラブ(不動新作会長、会員64人)を善行表彰した。  6月26日に創立5...

日高報知新聞

襟裳岬緑化地帯で現地学習【えりも】

【えりも】道立北の森づくり専門学院(旭川市)の1年生35人が12日、襟裳岬国有林の緑化地帯を見学して緑化事業の取り組みを学んだ。  同学院は、林業技術者を養成する2年制の教育機関。学生が道内各地の特...

室蘭民報

アプリ開発イベント「ハッカソンキャンプ」 工学院生チーム優秀賞【登別】

学びの成果発揮  アプリ開発イベント「登別ハッカソンキャンプ」で、日本工学院北海道専門学校ITスペシャリスト科の学生を中心としたチームが優秀賞(1位)を獲得した。学びの成果を発揮した学生たちは、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス