北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

秋サケ記録的不漁 最低年下回るペース-胆振海区

記録的な不漁になりそうな秋サケ=9月、苫小牧港・西港漁港区

 苫小牧沿岸を含む胆振海区の秋サケ定置網漁が記録的な不漁に陥っている。20日現在の漁獲数は63万2364匹で、前年同期に比べて1割以上減り、年間では統計史上最低だった2017年度をも下回るペース。全道的な不漁続きで品薄となり、漁獲高については約3割増しの約16億5198万円と好調だ。

 胆振海区漁業調整委員会がまとめた苫小牧、鵡川、いぶり中央、室蘭、いぶり噴火湾の5漁協の統計。9月1日の解禁から11月20日までの累計で、漁獲数は前年同期比13・36%減った。統計がある01年度以降、年間実績で最低だった17年度同期と比べても、12・88%下回っている。

 9月の不漁が大きく響いた。10月は上旬から中旬にかけて一時的に回復したが、挽回までには至らなかった。10月下旬に再び前年実績を下回り、最盛期を終えた11月も前年並みもしくは前年以下の水揚げの日が多い。漁は12月上~中旬までだが、17年を下回るのは必至だ。

 一方、漁獲高は同27・60%増。全道的な不漁の長期化で品薄感が強く、苫小牧をはじめ高値の取引が続いている。

 苫小牧漁協は「今年は出だしから駄目だった。全道的な不漁、品薄もあってか高値で助かったが資源が安定化してくれないと」と嘆く。苫小牧沿岸では12月3日まで操業を予定するが「この20年で最低になりそう」と話す。

 さけます・内水面水産試験場(恵庭市)は「日本系サケ資源の減少が続いている」と指摘。理由の一つに海水温の上昇を挙げる。苫小牧漁協などはふ化事業で春に稚魚を放流しているが、近年は周辺海域で海水温の上昇が早く、稚魚が準備不十分のまま外遊して生存率を下げているとみられ、「気候変動でサケの生息に適さなくなりつつあるのかもしれない」と危惧する。

関連記事

十勝毎日新聞

寒晒し そばに風味 仕込み作業進む【新得】

 新得物産(合田一昭社長)の直営店「新得そばの館」(新得町基線104)で、「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業が進んでいる。23日から3月31日まで同店で、1日20食限定で提供する。  寒...

十勝毎日新聞

ごみ置き場 路上新設防止へ 市が設置要綱制定【帯広】

 帯広市は、ごみ出し時の市民の安全確保と円滑な収集作業のため、「ごみステーション」の設置基準を明記した要綱を新たに制定した。特に歩道や樹林帯を含め道路用地を占有している固定式ごみボックスは、交通事...

十勝毎日新聞

テレビで見たあの味求め 藤丸で「TBS&HBCおめざ」【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメが集まる「オールTBS&HBCおめざ感謝祭」が21日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。全国各地の“美食”を求めて初日から多くの人でにぎわっている。29...

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス