北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ワイン城動画 海渡る 町出身の八木さん制作【池田】

 池田町出身の農業八木賢太郎さん(37)=帯広市在住=が撮影・編集したワイン城のPR動画が25日から、日本政府観光局(JNTO)のシンガポール、マレーシア・クアラルンプール両事務所のフェイスブック(FB)で配信されている。海外で“ワインのまち”池田のシンボルが大きな話題になっている。

GoProカメラを手にワイン城のPR動画を紹介する八木さん

 バーチャル旅行を楽しむ企画「Fun From Home」の一環で、動画著作権は池田町。Fun From Homeは、コロナ禍の収束後に日本を最初の旅行先に選んでもらうことを目的に、日本の魅力をSNS(インターネット交流サイト)を通じて発信している。JNTOシンガポール事務所が企画し、シンガポールに駐在している自治体などを対象に英語のコンテンツを募集した。

 これを受け、自治体国際化協会シンガポール事務所に派遣されている池田町職員の今井秀敏さん(44)を橋渡し役に、英会話ができて趣味で動画撮影をしている八木さんに協力要請があった。八木さんが撮影した動画は北海道ASEAN(東南アジア諸国連合)事務所を通じて応募され、採用された。

 ワイン城のPR動画は全9分35秒(クアラルンプール事務所配信分は6分53秒)。コロナ禍において9月に始まったワイナリーツアー(ガイド付きで製造施設内を一般開放)を中心に撮影している。ワイン城東側にあるC倉庫内のスパークリングワイン製造施設、ワイン城の地下熟成室や1階ブランデー蒸留室、町営のブドウ畑(ツアー外)などを紹介。ナレーションは全編英語で、著作権フリーのBGMも入れた。

 八木さんは池田町の小中学校を卒業後、米国メイン州にある全寮制の高校に留学し、英会話を習得。現在は妻、2人の子どもと帯広で暮らしながら、実家の池田町で就農している。

 農作業の傍ら、睡眠時間を削ってPR動画の撮影・編集に没頭。撮影には、以前わが子を撮影するために購入したという、動きのあるシーンなどに強い小型軽量・防水設計のGoProカメラを活用した。八木さんは「友達を喜ばせようという気持ちで撮影・編集した。お酒が好きな人も、そうじゃない人も楽しんでもらえるような映像に仕上がった」と胸を張る。

 JNTOによると、シンガポール事務所のFBのフォロワーは91万人、クアラルンプールは24万人で、両事務所で100万人超のフォロワーがいる。

 JNTOではほかにも、上川管内東川町の旭岳の登山映像(10月21日~)など日本各地の観光名所の動画を配信する。

関連記事

十勝毎日新聞

寒晒し そばに風味 仕込み作業進む【新得】

 新得物産(合田一昭社長)の直営店「新得そばの館」(新得町基線104)で、「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業が進んでいる。23日から3月31日まで同店で、1日20食限定で提供する。  寒...

十勝毎日新聞

ごみ置き場 路上新設防止へ 市が設置要綱制定【帯広】

 帯広市は、ごみ出し時の市民の安全確保と円滑な収集作業のため、「ごみステーション」の設置基準を明記した要綱を新たに制定した。特に歩道や樹林帯を含め道路用地を占有している固定式ごみボックスは、交通事...

十勝毎日新聞

テレビで見たあの味求め 藤丸で「TBS&HBCおめざ」【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメが集まる「オールTBS&HBCおめざ感謝祭」が21日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。全国各地の“美食”を求めて初日から多くの人でにぎわっている。29...

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス