北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

音更産リーキ 食べて応援を 麦音で5、6日まつり【帯広】

 新型コロナウイルスの感染拡大で外食需要が落ち込む中、西洋野菜リーキの消費を応援しようと、5、6日に帯広市内の麦音で「リーキで元気まつり」が開かれる。竹中農場(音更町、竹中章代表)のリーキを使用し、満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)のパンや市内中心部のフレンチレストラン「マリヨンヌ」(小久保康生オーナー)のスープがお目見えする。

リーキを使い試作したパンとスープの出来栄えに自信をのぞかせる(左から)杉山社長、竹中代表、小久保オーナー

 リーキはフランス料理に欠かせない野菜。極太の西洋ネギで、スープやグラタンなどに使う。国産のリーキはまだ珍しく、ヨーロッパなどから輸入している場合が多い。竹中農場では3月に種をまき、10~11月に収穫する。

 竹中農場では10年以上にわたってリーキを栽培。今年はコロナ禍で飲食店の利用が落ち込み、取引先の大半を占める本州で引き合いが減少。同農場のリーキを使ったピザなどを販売している満寿屋商店とマリヨンヌがコロナ禍の前から温めてきた、地元でリーキを味わい楽しんでもらうイベントの構想を具体化させた。

 イベントのために2種類の商品を試作。満寿屋商店の「まるごとリーキパイ」(1個180円)は、リーキを低温のオリーブオイルで煮て甘さを出し、パイ生地で包んだ。マリヨンヌは輪切りのリーキを浮かべたコンソメベースのスープを発案した。

 スープを両日とも先着100食限定で無料配布する予定。麦音やイベントで当日買い物した人が対象。そのほか会場では、リーキのつかみ取り(500円)やクイズラリーなどを行う。

 竹中代表は「リーキの手軽な食べ方とおいしさを知ってもらい、地元の方にも味わっていただける機会になれば」と話している。

 両日とも午前10時半~午後1時半。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス