北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新年待つ「口取り菓子」 お菓子のまさおか【芽室】

タイやツルなどの縁起物を詰め込んだ口取り菓子

 今年も残すところわずかとなり、十勝管内のスーパーや菓子店では正月の縁起物「口取り菓子」が並んでいる。芽室町の老舗「お菓子のまさおか」(正岡崇社長)でも、タイやツルなどの形に整えた色鮮やかな和菓子が目を引いている。

 口取り菓子は、おせち料理の縁起物を模して作る郷土菓子。無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)などを願って正月に食べる風習があるという。

 お菓子のまさおかでは27日から本格的に製造が始まり、練り切りのタイや、求肥であんをくるんだツルをはじめ、練り切りのあんを包んで「壽」の文字をかたどった縁起物も新たに登場。28日から店頭に並び、7種類入り(1500円)と6種類入り(1050円)の計70セットを用意、バラ売り(150~450円)もしている。

 正岡社長は「和菓子を食べてコロナに負けず、新しい年を過ごしてほしい」と話す。年内は休まず営業(午前9時~午後7時、31日は午後4時まで)。年始は元日と2日が休み、3、4日は午後5時まで。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス