北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

厳寒に南国たわわ 余熱ですくすく【新得・音更】

 寒に入り十勝管内も一年で最も気温の低い時期を迎えているが、新得町や音更町のビニールハウスの中ではマンゴーやバナナといった南国を代表する果樹が実を付けている。熱源は温泉熱やバイオガスプラントの余剰熱など地域資源。北国のハンデを逆手に取った発想で付加価値を高めている。

温泉で夏冬逆転マンゴー収穫 音更のノラワークスジャパン

収穫が最終盤を迎えているマンゴー。今年は天候に恵まれ、例年以上の大きさに育った

 真冬に実がなるマンゴー「白銀の太陽」の収穫が、音更町内の農場で最終盤を迎えている。今季は実を付けてからの日照に恵まれたこともあり、甘く大きな実となった。

 ノラワークスジャパン(音更町、中川裕之代表)がハウスで栽培。夏は雪氷を利用して温度を下げ、冬は温泉熱などを利用し、ハウスを36度ほどに保つ。季節を逆にして栽培することで、全国で他にない冬に収穫できるマンゴーが育つ。

 白銀の太陽ブランドのマンゴーの糖度は15度以上。10月ごろから実を結び、11月末に収穫を開始。クリスマス時期がピークで、終盤を迎えた現在は1日30個ほどを採取している。今冬の収穫量は1000個ほど。1個当たり平均350グラムほどで、東京都内を中心に販売。1個3万5000円で売られるものもある。

 ノラワークスジャパンの荻原侑香マネージャーは「10~12月の天候が良く、例年よりも実が大きい」と話している。同社ホームページからも注文ができる。

バイオガスで初のバナナ挑戦実る 新得の友夢牧場

屋外は氷点下だがハウス内は夏のような温度。温室でたわわに実ったバナナ

 新得町上佐幌の友夢(ゆうむ)牧場(植田昌仁社長)では昨年、牧場内のビニールハウスでバナナが初めて実を付けた。約300平方メートル、3重に囲ったハウス内は18度以上に設定され、木が大きな葉を広げている。「アイスクリームバナナ」など4品種10本を植えたうち、初年は3品種の4本に花が咲き、実がなった。

 育成牛を含めると乳牛約1600頭を飼育する同牧場では、ふん尿の処理にバイオガスプラントを導入。処理過程で出る温水を活用してハウスを暖めている。バナナ栽培は、既に取り組む水耕のメロンに続く試みだ。

 木の成長や実の熟し方など、「1年目でまだ分からないことも多い」と同牧場の湯浅佳春会長(71)。一般向けに販売する予定はないが、味は良くて加工向けの用途などに期待は膨らむ。湯浅会長は「牧場の牛乳と合わせたジュースやアイスクリームの原料などに使えるかもしれない」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス