北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コロナ禍「会えない人へ」 新たな需要期待 バレンタイン商戦【帯広】

 帯広市内などの大型店や菓子店では、今月下旬から本格化するバレンタインデー商戦に向けて、売り場の準備が進められている。新型コロナウイルスの感染拡大で巣ごもり傾向が強まっていることから、各店とも従来のカップル・義理チョコ用に加え、自分のために購入する「ご褒美チョコ」やコロナで会えない人へのギフトとしてチョコレート商品の需要が高まると見込んでいる。

早くもバレンタイン関連商品が並んだ藤丸の売り場

 今年のバレンタイン当日の2月14日は日曜日。複数の洋菓子関係者は「(職場で渡す)義理チョコの引き合いは減る」とみて、商品展開に工夫を凝らす。

 藤丸は7日にバレンタインデーの売り場を地下1階に開設。感染症拡大防止の観点で、例年の1.5倍の広さを確保し混雑を緩和する。28日から人気の海外の商品も並べる予定だ。

 約50社の600商品を用意。目玉は「BABBI」(イタリア)が販売する大ヒット漫画「鬼滅の刃」とコラボしたチョコレートウエハース。道内では3カ所のみが扱い、藤丸では900個限定(1人5点まで)で販売する。

 同店は「近年は高額商品を自分用に購入する人も少なくない。コロナ禍で会えない友人にギフトとしてチョコを贈る新たな需要も期待している」と話す。

 柳月(本部音更町)も遠方の親類・知人へのギフト需要などを見込み27日から、客の要望を受けてチョコレートケーキを冷凍配送する新作商品「柳月ザッハ」を販売する。

 チョコレート専門店「ルセット・ショコラ」は、巣ごもり需要もあって昨年の売り上げが例年の2~3割増に。新規客も増えており、初めての人にも選びやすいセット商品を充実させる。

 小笹誠店長は「1月後半に売り場でもバレンタイン色を出せるようにしたい。店では1個売りの商品も多いため半分以上はご褒美チョコ」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

町産高麗人参あめ 改良加えて再登場 観光物産館【陸別】

 町産の高麗人参を使った「しばれる町の高麗人参飴(あめ)」の販売が、道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館で始まった。  薬用植物栽培研究事業を展開する陸別町が製造。昨年冬に初登場し...

十勝毎日新聞

中林 初の3位 「来年もメダル目指す」 トランポリン【十勝】

 トランポリンの川崎ジャパンオープン(昨年12月12、13日・神奈川県川崎市のとどろきアリーナ、川崎市スポーツ協会主催)のマスターズ部門30~39歳女子の部で、中林真由香(39)=十勝トランポ...

十勝毎日新聞

風にころころ「雪まくり」【十勝】

 士幌町や帯広市などの郊外の畑で17日、強い風によって、雪の塊が出来上がる「雪まくり」の現象が見られた。雪原一面に塊や、雪だるまを転がしたような跡が走り、自然が時折見せるいたずらを垣間見ること...

函館新聞

国際ソロプチミスト函館5クラブ合同交流会、親睦深める【函館】

 女性奉仕団体の国際ソロプチミスト函館(三上謡子会長)は16日、函館国際ホテルで5クラブ合同交流会を開いた。会員ら約60人が出席し、1年の活動を振り返りつつ親睦を深めた。  三上会長は新型コ...

函館新聞

函館市3日連続最多更新の30人、累計300人突破【函館】

 市立函館保健所は16日、函館市内で新たに30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。日別の感染者数は3日連続で最多を更新し、感染者の累計は302人となり、300人を超えた。このうちの133...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス