北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

 

ファンも見守る中で試運転を行ったSL冬の湿原号(釧路川橋梁)

JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る様子を一目見ようと、情報を聞きつけた愛好家たちが集まった。

 試運転は蒸気機関車の整備状況の確認や乗務員の訓練などを目的に毎年行われている。この日はダイヤも本番に合わせて釧路と標茶を1往復。撮影スポットのうち釧路川橋梁のたもと(市材木町)には、30人ほどのファンらがカメラなどを用意して待ち構えた。午前11時すぎにSL(C11―171号)が客車とともに鉄橋を通過すると、煙を噴き上げながら走る姿を写真や動画に収めていた。

 市内在住の80代の男性は「今年も走ってくれて良かった。また思い出に残せる。良い写真が撮れれば」と話していた。  冬の湿原号は2000年に運行を開始し、昨年には累計利用客が30万人を超えた。今年はテーブルにパーテーションを設置するなどの感染症対策を講じ、初日の出発式は行わない。2月28日までの週末を中心とした計21日間で1日1往復。全席指定席で予約が必要。料金は乗車券と指定席券で片道2130円。みどりの窓口やインターネットなどで販売している。        

関連記事

十勝毎日新聞

搾乳ロボ導入 十勝117戸 全道382戸【十勝】

 道農政部は、道内での搾乳ロボットの導入状況などをまとめた「新搾乳システムの普及状況」を公表した。搾乳ロボを導入している農家は前年から83戸増えて382戸、うち十勝は31%に当たる117戸と地区別...

十勝毎日新聞

FDAがチャーター便 GWに「中部」結ぶ計画【帯広】

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)が、今年のゴールデンウイーク(GW)に、とかち帯広空港と中部国際空港(愛知)を結ぶチャーター便の運航を計画していることが分かった。日程や便数などの詳...

十勝毎日新聞

青空へ ナイスショット 札内川ゴルフ場練習場が開業【幕別】

 幕別町の札内川ゴルフ場の練習場(札内稔町57)が6日午前9時、オープンした。大雪の影響を受けた昨年より8日早い。シーズン開始を前に、愛好家らが快音を響かせた。  同練習場を運営する幕別町地...

釧路新聞

高田さん「R―1グランプリ」決勝へ【別海】

 町出身のお笑い芸人、高田ぽる子(本名・高田侑(ゆう)奈(な))さん(22)が、ひとり芸の日本一を決める「R―1グランプリ2021」の決勝にする。芸歴2年ながら初のファイナリストに残り、「いまだに...

日高報知新聞

移住増のインド人へインド製品届けたい ビシュヌ・ギリさんが移動販売車で【..

 ネパール人の実業家、ビシュヌ・ギリさん(38)=苫小牧市在住=は、日高管内の軽種馬牧場などで働く人たちが増加しているインド人を対象に、スーパーなどで販売していないインド製の食材を中心にした移動販...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス