北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

「一次産業応援弁当」を手に「生産者と共にコロナ禍の苦境を乗り越えていきたい」と語る菊池料理長

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動きが出てきた。

 五稜郭町の和食店「炭火割烹 菊川」(菊池隆大料理長)は18日から、道南の野菜や旬の魚を盛り込んだ持ち帰り専用の「一次産業応援弁当」(1000円)の販売を始めた。

 買い手がなくなった食材を直接生産者らから仕入れているため、その日によって内容が変わるが、近海のソイやカジカなどの旬の魚をメインに、小野養鶏場(七飯町)の卵、高坂農園(北斗市)のキャベツ、明井農園(森町)のカボチャなどのブランド野菜を使った約10品を盛り込む。

 前日までの注文が必要(数が多い場合は3日前まで)、申し込みは同店(0138・55・1001)へ。菊池料理長は「生産者と飲食店が苦境をともに乗り越えようという思いで考案した。規格外の食材を使うことで調理には手間がかかるが、おいしさは全く変わらず、価格を抑えて提供できるので多くの人に食べてもらいたい」と呼び掛ける。

 元町の結婚式場「センティール・ラ・セゾン函館山」(伊藤峻一支配人)は昨年12月から、七飯町鳴川の「みやご果樹園」(宮後英子代表)のリンゴを使ったポタージュを式のコースメニューで提供している。

 同式場は飲食店の休業などで需要が落ち込んでいる地元産品の活用を進める中、同果樹園の晩成種リンゴ「王林」に着目。火を通し、道産の牛乳やジャガイモと一緒にミキサーにかけて仕上げる。

 同式場の深江祐哉料理長は「王林はくせがなく、デザート以外の料理にも非常に使いやすい。ブライダル業界も厳しい状況ではあるが、これからも地元の生産者と一緒に頑張っていきたい」と意気込む。

 宮後代表はメニュー表にも同果樹園の名前が表記されていることに触れ「七飯のリンゴをPRしていただき、非常にありがたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

搾乳ロボ導入 十勝117戸 全道382戸【十勝】

 道農政部は、道内での搾乳ロボットの導入状況などをまとめた「新搾乳システムの普及状況」を公表した。搾乳ロボを導入している農家は前年から83戸増えて382戸、うち十勝は31%に当たる117戸と地区別...

十勝毎日新聞

FDAがチャーター便 GWに「中部」結ぶ計画【帯広】

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)が、今年のゴールデンウイーク(GW)に、とかち帯広空港と中部国際空港(愛知)を結ぶチャーター便の運航を計画していることが分かった。日程や便数などの詳...

十勝毎日新聞

青空へ ナイスショット 札内川ゴルフ場練習場が開業【幕別】

 幕別町の札内川ゴルフ場の練習場(札内稔町57)が6日午前9時、オープンした。大雪の影響を受けた昨年より8日早い。シーズン開始を前に、愛好家らが快音を響かせた。  同練習場を運営する幕別町地...

釧路新聞

高田さん「R―1グランプリ」決勝へ【別海】

 町出身のお笑い芸人、高田ぽる子(本名・高田侑(ゆう)奈(な))さん(22)が、ひとり芸の日本一を決める「R―1グランプリ2021」の決勝にする。芸歴2年ながら初のファイナリストに残り、「いまだに...

日高報知新聞

移住増のインド人へインド製品届けたい ビシュヌ・ギリさんが移動販売車で【..

 ネパール人の実業家、ビシュヌ・ギリさん(38)=苫小牧市在住=は、日高管内の軽種馬牧場などで働く人たちが増加しているインド人を対象に、スーパーなどで販売していないインド製の食材を中心にした移動販...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス