北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ジンギスカン「あびじん」開発 ロース赤身肉ホエーで熟成

安平町の新たな商品として提供を予定している「あびじん」

 安平町内の食品加工会社「ジャパンフーズサービス」(早来大町)が、チーズ生産時にできるホエーを使って熟成させた特製赤身肉の新しいジンギスカン「あびじん」を開発した。軟らかさと羊肉本来のうま味や香りを引き出したこだわりの一品。3月から一般への販売を予定している。

 同社は、町内早来大町の飲食店「レストランしばらく」を経営する中村陽史さん(43)が「町内に眠っているアイデアを形にしたい」との思いから、2019年5月、店舗に隣接する自宅の一部を使って立ち上げた。「新鮮なアイデアが形になり、安平町のPRや声を上げてくれる人の力になれば」と考えており、今回はその第1弾となる。

 あびじんは、ニュージーランド産のマトンロースの筋や脂を全て取り除き、ロースの赤身肉のみを使用した。町内の「チーズ工房角谷」から無償で提供してもらったホエーを塗って2日間熟成させた後、スライスして再度ホエーを塗り2日間熟成させることでうま味や香りを引き出すことができる。美容や健康に欠かせない成分をたっぷりと含んでおり、ダイエットや疲労回復にも効果があるという。

 味は塩、しょうゆ、6種類の香辛料を使ったオリジナルの「スパイシー」の3種類。750グラム(250グラム×3袋、組み合わせ自由)で税込み3000円の予定。PRも兼ねて現在も行っている、インターネットで資金を調達する「クラウドファンディング」では200人を超える支援を受け、額は目標設定した30万円の5倍以上となるなど好評だ。

 一般への販売はクラウドファンディングの返礼品の配布終了後となる。中村社長は「ホエーを使って熟成させることで肉質が軟らかく食べやすいし、香りも乗ってくる。かなりこだわって作りました」とアピールしている。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス