北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

みらい館大人向け取り組み増やし好評、親子連れ人気【函館】

利用促進にもつながっている「♯オトナみらい館」のワークショップ

 函館市の公益施設、はこだてみらい館(若松町、キラリス函館3階)では、大人も楽しめる仕組みや講座を提供する「♯オトナみらい館」が好評だ。親子連れ利用を促進し、同館利用時には親と子が別々に興味のある体験を楽しめる。同館は「新型コロナウイルス感染の影響はあるが、対策は徹底している。世代を問わず安心して訪れられるよう、多彩な取り組みを実施したい」と意気込む。

 同館は先端技術を使ったコンテンツが目玉の施設で、ゲームエンジン「ユニティ」を使ったワークショップなどが人気。ただ、コロナ禍での来場数が低調だったことから、以前から課題だった平日夜の集客、親子での利用促進をしようと大人向けの取り組みを増やした。

 「♯オトナみらい館」は、低料金で無料Wi―Fiが利用でき、フリー電源もありコワーキングスペースとしても利用可。また、平日夜にはワークショップも展開。これまで2回行い、21日には3回目を実施。手作りの箱づくりに4人が取り組み、自分らしい作品を仕上げた。北斗市のパート従業員、高橋美江さん(37)は「自分が受講している間は、子ども向けのワークショップもあるので安心。興味をそそるものが多いので利用頻度が増えている」と話す。

 また、昨年12月にはカメなど海の生き物3種に色付けしたものを、映像の中で泳がすことができる「デジタル水槽」も登場。子どもたちの人気を集めている。常設展示で開館時間内(午前10時~午後8時)。同館は「海の生態も楽しく学べるコンテンツを楽しんで」としている。

関連記事

根室新聞

納沙布岬のトイレ供用開始 2年計画で改修 内装工事終了【根室】

 老朽化から改修工事を行っていた納沙布岬の公衆トイレの今年度分の内装工事が完了し、19日から供用開始になった。来年度は外装工事を予定し、市内最大の観光地である納沙布岬の魅力アップを図る。  納沙...

苫小牧民報

鵡川高、注目度アップ 運営委員会が成果報告 高校魅力化コンソーシアム

 むかわ町や鵡川高校、関連団体でつくる「高校魅力化コンソーシアム」(会長、渋谷昌彦副町長)の第3回運営委員会が25日に開かれ、今年度の取り組みの成果を報告した。  同校では、今年度から座学と企業...

日高報知新聞

合同演奏ユーチューブでも配信【新冠】

【新冠】「レ・コード館ジュニアジャズバンド(RJB)」と新冠軽音楽愛好会「ブルーホース」が20日、レ・コード館町民ホールでユーチューブによる同時配信でジョイントコンサートを開催した。  この日は、...

日高報知新聞

新規就農者支援に100万円【新ひだか】

【新ひだか】物流・運送業のシズナイロゴス(本社・札幌市白石区、伊藤功一郎社長)は24日、役場静内庁舎を訪れ、新規就農者に初年度100万円を支援する「農業振興支援に関する協定」を新ひだか町と締結し、2...

室蘭民報

港北地区と協定締結、災害時に1次避難所設置 市が自主防災下支え【室蘭】

 室蘭市と港北地区にある同地区連合町会自主防災会(須田貞文会長)、港北町会(同)、柏木町会(佐藤貢会長)、蘭北小学校(村山修平校長)、港北中学校(笹森恭之校長)の6者は25日、災害発生時における...