北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

オンラインで北の収穫祭 SNSで6企画展開、1日から【豊浦】

イベントをPRする「TOYOURA世界ホタテ釣り選手権大会」の公式キャラクター・ホタテマスク(右)ら

 地域の特産品が大集合して高い人気を誇る豊浦町の一大イベント「まるごと豊浦北の収穫祭」(同実施委員会主催)は第19回を迎える今回、オンラインで開催する。特産の活ホタテ販売など自宅で豊浦を感じ、楽しめる六つの企画を用意。2月1日から随時、SNSを活用してイベントを展開する。

 噴火湾の養殖ホタテ発祥の地・豊浦町。同収穫祭は例年、3月に町内のふるさとドームで行われ「TOYOURA世界ホタテ釣り選手権大会」も同時開催して多くのファンが詰め掛ける。しかし昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止。今回はインターネットを通しての実施準備を進めてきた。

 用意されている六つの企画は①「活ホタテ+あなたの知らないホタテの世界動画体験販売」②自宅でホタテ釣り体験セット③豊浦町の食材を使用したオンライン料理教室④食べて応援!インターネット通信販売⑤インスタグラム写真投稿企画「あなたが作ったホタテ料理コンテスト」⑥ドライブスルー方式・ホタテ販売会。①~④の購入申し込みはネット通信販売サイト「BASE」から。ホタテは全て2年貝。

 ①はホタテ20枚と、ホタテ貝の仕組みや殻むきの方法などホタテを知る情報をまとめた約10分間の映像をセット販売。1セット3300円(税込み・送料無料=以下同)。販売期間は1日午前11時~26日午後3時。20セット限定。

 ②はホタテ20枚と体験用釣りざお2本、人工海水のもとが入ったセット。4日午前11時~26日午後3時に販売。1セット3880円。30セット用意している。

 ③は北ガスクッキングスクール講師が、豊浦産活ホタテをメインにした、マリネ風サラダとパエリアをビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」でオンラインレッスン。開催は3月6日午前11時から。8人限定で活ホタテ18枚が3700円。販売期間は3日午前11時~22日午後3時。ホタテは3月5日着日指定となる。

 ④は活ホタテ20枚と、例年、同収穫祭に出店する6事業者の商品を合わせて発送する。販売は14日午前9時~午後5時の1日限定。価格は5200~5500円。商品が無くなり次第終了する。

 ⑤は募集期間が2日午前11時~3月1日午後3時。インスタをインストールして噴火湾とようら観光協会公式アカウント(@toyourafeel)をフォローする。ホタテ料理を盛り付けて写真で撮影し、インスタに「#豊浦町ホタテ料理2021」と料理名、写真について一言添えて投稿すること。使うホタテの産地は問わない。最優秀賞(1人)にはホタテ1年分(365枚)、5千円相当のハム・ソーセージ詰め合わせを贈る。

 ⑥は、2月21日に豊浦ふるさとドーム駐車場で開催。活ホタテ1箱20枚(300箱限定=車1台につき3箱まで)を2千円で販売。事前予約が必要で受付期間は1日午前11時~15日午後3時。「どこでもお祭り北海道」のサイトで受け付ける。

 同実施委はインターネット開催で、イベントを知らない遠方の人にも知ってもらえるチャンスと期待し「豊浦、ホタテをPRしたい。企画が盛りだくさんなだけに、SNSを活用し周知していきたい」とPRに力を入れいる。

 詳しくは下記URL(https://toyoura-feel.com )。問い合わせは同実施委事務局、電話0142・83局2222番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

搾乳ロボ導入 十勝117戸 全道382戸【十勝】

 道農政部は、道内での搾乳ロボットの導入状況などをまとめた「新搾乳システムの普及状況」を公表した。搾乳ロボを導入している農家は前年から83戸増えて382戸、うち十勝は31%に当たる117戸と地区別...

十勝毎日新聞

FDAがチャーター便 GWに「中部」結ぶ計画【帯広】

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)が、今年のゴールデンウイーク(GW)に、とかち帯広空港と中部国際空港(愛知)を結ぶチャーター便の運航を計画していることが分かった。日程や便数などの詳...

十勝毎日新聞

青空へ ナイスショット 札内川ゴルフ場練習場が開業【幕別】

 幕別町の札内川ゴルフ場の練習場(札内稔町57)が6日午前9時、オープンした。大雪の影響を受けた昨年より8日早い。シーズン開始を前に、愛好家らが快音を響かせた。  同練習場を運営する幕別町地...

釧路新聞

高田さん「R―1グランプリ」決勝へ【別海】

 町出身のお笑い芸人、高田ぽる子(本名・高田侑(ゆう)奈(な))さん(22)が、ひとり芸の日本一を決める「R―1グランプリ2021」の決勝にする。芸歴2年ながら初のファイナリストに残り、「いまだに...

日高報知新聞

移住増のインド人へインド製品届けたい ビシュヌ・ギリさんが移動販売車で【..

 ネパール人の実業家、ビシュヌ・ギリさん(38)=苫小牧市在住=は、日高管内の軽種馬牧場などで働く人たちが増加しているインド人を対象に、スーパーなどで販売していないインド製の食材を中心にした移動販...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス