北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

北の屋台の味 自宅で 定番商品テークアウト 全店対応【帯広】

 帯広市内中心部で営業する北の屋台の全20店と卒業店2店は、テークアウトを新たに始めた。新型コロナウイルスの影響で市内中心部全体の客足が落ち込む中、来店のきっかけをつくるのが目的。北の屋台全店でテークアウトに対応するのは初めて。

各店が趣向を凝らしたテークアウトメニューを用意した(写真は巣だっちのおびひろGENKI玉と中札内産黒枝豆のセット)

 北の屋台は昨年12月の来店数が前年比6割減で、今月も客数が伸び悩んでいる。北の屋台を運営する北の起業広場協同組合によると、市内中心部のホテルのビジネス利用は一定数あり、宿泊客が外食せずホテル内のレストランで済ませる事例も多い。

 テークアウトを選択肢の一つに加えることで、ビジネス客や店内飲食を敬遠する地元住民らの需要を取り込む。

 北の屋台では約3分の1の店が従前からテークアウトに対応しており、今回改めて全店で各店の定番商品を軸にテークアウトメニューを用意した。串揚げの盛り合わせ、ビーフシチュー、ティラミスなどのほか弁当を用意する店もある。

 同組合の松下博典事務局長は「屋台で毎年やるイベントもしばらくできておらず店主たちが気合を入れてメニュー開発をした。家庭で屋台の味を楽しんでほしい」とPRしている。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス