北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

湧水豚とホッキのコラボ丼 マルトマ食堂、来月1日から新メニュー

3月1日からお目見えする新メニュー「樽前育ちの湧水豚と前浜育ちのホッキ焼き丼」を手にする三浦未店長

 新型コロナウイルス感染拡大による暗い世相に明るい話題を―と、苫小牧市内の養豚場と飲食店が共同で新メニューを開発した。錦岡の養豚経営、ビィクトリーポーク(中岡勝社長)のブランド豚「樽前湧水豚」と、水揚げ量日本一を誇るホッキを合わせた「樽前育ちの湧水豚と前浜育ちのホッキ焼き丼」で、3月1日から汐見町のマルトマ食堂で食べられる。価格は税込み1200円。

 新メニューは赤身にこくがあり、非常に軟らかいブランド豚の樽前湧水豚(約180グラム)と、ホッキ2個分(約70グラム)を道産ななつぼしの白飯に載せた一品。塩こしょうしたスパイシーな豚肉と、豚肉の脂で焼いたホッキの甘みが、お互いの個性を引き立てている。

 同社常務取締役の中岡亮太さん(42)と同食堂店長の三浦未さん(42)は同い年で、生まれた月も同じ2月。苫小牧青年会議所のボランティア活動などを通じて約6年ほどの交流がある。中岡さんが三浦さんに共同開発を打診し、今年に入って調理の試行錯誤を繰り返した。

 完成したのは今月上旬。三浦さんがSNS(インターネット交流サイト)に完成品を投稿したところ「早く食べたい」「楽しみ」などのコメントが相次ぎ、手応えを感じたという。マルトマ食堂の新メニューは、昨年3月の「ホッキ厚焼き玉子」以来約1年ぶり、26品目。三浦さんは「コロナの終わりが見えない状況だが、おいしく食べて気持ちを明るくしてもらえたら」とPRする。

 ビィクトリーポークにとっては、卸業者を介さず、飲食店と直接やりとりして商品開発したのは初めて。中岡さんは「自信を持って生産した豚肉を多くの方に食べて、知ってもらう機会になる」と期待している。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス