北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

山幸アイスワイン 初の「金」 サクラアワード2021【池田】

 ワイン業界で活躍する女性が審査員を務めるアジア最大級のワイン審査会「第8回サクラアワード2021」で、町ブドウ・ブドウ酒研究所が出品した「山幸アイスワイン2018」が、ゴールドに輝いた。2014年の第1回から出品を続ける同所にとってゴールドの受賞は初めて。関係者も「国際品種登録されたばかりの『山幸』が高い評価を受けてうれしい」と喜んでいる。

ゴールドに輝いた「山幸アイスワイン2018」。ワイン城ではポップを置いてPRしている

 サクラアワードは、十勝ワインの生みの親・丸谷金保さん(元町長、故人)の次女の田辺由美さん(ワインアンドワインカルチャー代表)が代表理事を務める、一般社団法人ワインアンドスピリッツ文化協会の主催。審査責任者の田辺さんをはじめ、ソムリエやワイン醸造家などワインのプロである女性がブラインドテイスティングで審査する。

 今回は過去最多となる32カ国から4562点がエントリー。コロナ禍で東京と大阪に会場を分けて2月に審査会が行われ、ダブルゴールド(275点)、ゴールド(1074点)、シルバー(882点)の受賞ワインを決めた。

 山幸アイスワイン2018は、冷え込みの厳しい時期(18年12月)に、樹上で自然に凍結したブドウ「山幸」を町千代田のブドウ畑で収穫し醸造。果汁が凍結することで糖分が凝縮され、濃厚な甘さを持つ。通常のワインより製造量は少ないが、ぜいたくな極甘口ワインとして人気を誇る。

 同所によると、サクラアワードの受賞歴は16年と19年に出品したビンテージスイートのシルバーが最高だった。今回はセイオロサムやブルームなど計5点を出品し、うち受賞は山幸アイスワインのみ。山幸アイスワインは18年にも出品したが、受賞を逃している。

 国際ブドウ・ワイン機構(OIV、フランス)に品種登録された山幸を原料としたワインがゴールドに輝き、同所営業課の鈴木健司課長は「認知度を高めるためにも広く周知していきたい」と話す。

 ワイン城では「ゴールド受賞」のポップを置いてPRに力を入れており、受賞した山幸アイスワインを10本ほど販売している。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝ワイン2種受賞 「ブルーム白」「セイオロサム白」【池田】

 カキやラムなど食材との組み合わせに最適なワインを厳選する「ワインペアリングコンテスト2021」のオイスター部門で、町ブドウ・ブドウ酒研究所が製造する十勝ワインの「ブルーム白(NV)」(750ミリ...

十勝毎日新聞

福原「塩ザンギ」金賞 管内スーパーで初 からあげGP【帯広】

 スーパー・福原(帯広市)の総菜「デカ旨!塩ザンギ」が、第12回からあげグランプリ・北日本スーパー惣菜部門で金賞に輝いた。十勝のスーパーでは初めて。同社は「ヘルシーだが、ぱさつきがちな『鶏ムネ肉...

十勝毎日新聞

「道外、海外にも」 ニンジンジュース披露 道フードネット設立【帯広】

 十勝などの道内の事業者・生産者などで立ち上げた「北海道フードネットワークプロジェクト」は8日、帯広市内で記者会見を開き、第1弾のニンジンジュース「愛(めぐみ)NINJIN」を披露した。JAおと...

名寄新聞

餅のように伸びる感触・「新食感 もちプリン」販売【名寄】

 名寄市西13南5(豊栄通り沿い)の「カントリーマム」(店主・滝沢美也子さん)では、道産のもち粉を使った「新食感 もちプリン」を開発し、販売を開始。餅のように伸びるのが特徴で、独特の食感を楽しめ...

苫小牧民報

ハスカップの風味丸ごと 搾りかすからワイン-はすかっぷサービスが商品化

 苫小牧市元中野町のはすかっぷサービス(大西育子代表)は、ハスカップ搾汁後の残渣を原料にしたワインを商品化する。酪農学園大学(江別市)の応用微生物学研究室と共同開発し、ハスカップの色や風味を生か...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス