北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

JR日高線廃止で鉄道ファンが別れを惜しむ 駅ノートには来訪者の思い出が

静内駅で入場券などを買い求める鉄道ファン=20日=

 JR日高線(鵡川―様似間116キロ)の4月1日廃止を前に、20、21日の連休を利用して道内外から多くの鉄道ファンが主要駅の静内、浦河と終着の様似駅などを訪れ、ホームで記念撮影や記念品などを買い求めていた。

 高波被害を受け2015年1月から不通となり、そのまま6年を経過し廃線となった日高線に別れを惜しむ人は多く、各駅にはノートも置かれ、訪れた人の思い出が残されている。

 関係者によると、鉄道ファンの来訪は2月中旬以降急増。静内駅舎には、町観光協会の特産品販売コーナーの入口に鉄道コーナーもあり、関連の駅名のマグネットプレート(しずない・ひがししずない・はるたち・ひだかとうべつ・ひだかみついし・ほうえい・ほんきり=5・5×9センチ)が1枚308円、駅名標29種類と使用車両の鉄コレ・コンプリートセットが9240円(苫小牧から様似まで)、駅名標キーホルダー550円、駅ストラップ495円などを買い求める人が多くなっている。

 新ひだか町観光協会(佐藤雅裕会長)は、静内駅の観光情報センターぽっぽでロビー展示を企画し、JR日高本線の駅舎と鉄道変遷の歴史や思い出の鉄道写真17点、蒸気機関車C11―207の写真と説明などを展示。  

 駅のノートには、1月18日に新冠町の大狩部駅を訪れた人の「トンネルから海側に新雪のジュウタンが広がっていて、入るのが申し訳なく感じた。ザバーンという波の音が聞こえ、苫小牧方向にあるぐにゃぐにゃのレールに波がかかっていた。これが最後になるかも知れません。天気の良い日には、真っ赤な夕日が見られ、今も脳裏に浮かびます」。

 2月7日に大狩部駅を訪れた人は、「何度もきています。日高線で一番好きなところです。もうなくなりますが、道だけは残してほしい」。

 3月19日に浦河町の東町駅を訪れた人は、「廃止区間の全駅をまわっています。高潮により鉄路は分断され、もう鉄道で来られないのは残念。高校や病院が近くにあり、鉄道を残すよりバスを充実することにしたことが、この町にとって良いことなのだと信じて、この駅、この路線に別れを言うことにします」などそれぞれの思いが記されていた。

終点様似駅に鉄道ファンを乗せて到着した列車代行バス=20日=

関連記事

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

釧路新聞

消防本部岩見さん「指導救命士」に認定【釧路】

  釧路市消防本部(石山巌消防長)の救急救命士、岩見誠二さん(43)が同本部初の「指導救命士」に認定された。指導救命士は17日現在、全道で28人、釧根管内では岩見さんを含め3人で、救急隊員への指導...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス