北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

「ふるさと館」構想まとまる 花咲港会館は高台へ 厚床は現地か移転【根室】

建て替えに向け基本構想がまとまった花咲港会館(上)と厚床会館

 根室市は、老朽化著しい花咲港会館と厚床会館の建て替えに向けた基本構想をまとめた。花咲港は津波災害時の避難場所となることから、津波浸水予想区域外の花咲港小学校敷地内の高台に移転。3年度に地盤調査や基本・実施設計を行い、4年度に着工する。また、厚床会館は現地建て替えと旧厚床小学校跡地への移転の2案が示され、5年度に地盤調査と基本設計、6年度に実施設計を行い、7年度の着工を目指す。

 花咲港会館(木造一部鉄骨造2階建て、建築面積996平方メートル)は昭和53年、厚床会館(木造一部鉄骨造平屋建て、同827平方メートル)は同55年建設でいずれも老朽化し、平成27年度策定の根室市公共施設等総合管理計画でも「建て替え、大規模改修が必要」とされ、今年度基本構想の策定に着手。両地区で各3回の地域懇談会を重ねてきた。

 このうち花咲港会館は、道の津波浸水予想範囲内に位置し、後背地には急傾斜地が迫っていることから、津波浸水予想区域外の花咲港小学校敷地内の職員住宅敷地(既存の職員住宅は撤去)の高台に移転し、防災拠点として整備。200平方メートル以内の集会室、隣接する児童室(60平方メートル)、和室(100平方メートル)、災害時に炊き出し利用を想定した実習室(30平方メートル)などを配置する。3年度に測量と地盤調査、基本・実施設計を行い、4年度に着工。5年度供用開始を目指す。なお、事業費(調査設計、建築含む)は約4億円を見込んでいる。

 厚床会館は、支所機能を併せ持つ施設(現在廃止)として建設。集会室は厚床保育所とも廊下で連結し、地域活動のほか、園児の遊戯場としても活用。また、暴風雪などで国道が通行止めとなった場合には避難場所として利用されている。建設場所は現保育所隣地での現地建て替えと旧厚床小学校跡地への移転建て替えの2案が示され、250平方メートルの集会室、100平方メートルの和室、40平方メートルの実習室などを配置する。5年度に地盤調査と基本設計、6年度に実施設計、7年度に着工し、8年度の供用開始を目指している。

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス