北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

ライター三宅玲子さんのネット連載で留萌ブックセンターby三省堂書店を紹介【留萌】

ライター三宅さんの書店シリーズ「留萌ブックセンターby三省堂書店」を掲載するインターネットWebサイト「ニッポンドットコム」

 東京都を拠点に取材、執筆活動を続けるノンフィクションライターの三宅玲子さんが、書店シリーズ「たたかうニッポンの『書店』をさがして」の第12弾として、今年4月に留萌市南町の留萌ブックセンターby三省堂書店(今拓己店長)を取材。公益財団法人ニッポンドットコムが運営するインターネットWebサイト「ニッポンドットコム」(日本情報多言語発信サイト)で、5月下旬から上下2回に分けて連載され、市民らの注目を集めている。

 三宅さんは熊本県出身。「人物と世の中」をテーマに取材し、オンラインメディアや雑誌、新聞に執筆。近著に「真夜中の陽だまり―ルポ・夜間保育園」(文藝春秋 令和元年9月)がある。

 出版不況と言われて久しい一方、本に救われた人や本を必要とすることも変わらず存在する。こうした状況の中、三宅さんは、全国各地の独立書店の書店主を取材する同シリーズを令和元年10月にスタート。東京都内や福岡、鳥取、広島、静岡、山梨など、日本各地の書店主を訪ねて取材している。

 同書店の取材は、今年4月12~15の4日間にわたって行った。三宅さんは留萌市に滞在中、同書店を中心に支援する団体の関係者らを訪問。今店長をはじめ、留萌市の渡辺稔之副市長、市立留萌図書館の伊端隆康館長、三省堂書店を応援し隊の武良千春代表、半澤豊秀さんらへのインタビューを中心に取材した。

 平成22年12月に留萌市内唯一の書店が閉店。地元の主婦ら市民有志が市役所や振興局の支援を得ながら同23年に「三省堂書店を呼び隊」を結成。官民一体となったさまざまな誘致活動の努力が実を結び、同年「留萌ブックセンターby三省堂書店」が開店した。同呼び隊は現在、同応援し隊に名称を変更し、ボランティア活動による書店運営への協力やイベント支援、子供への読み聞かせ活動などを行っている。

 ニッポンドットコムへの連載は、「本屋を失った街に三省堂書店が現れた日―北海道の留萌ブックセンター(上)」、「人口2万人の街で10万冊の書店が成り立つ理由―北海道の留萌ブックセンター(下)」の2回に分けて掲載。店の生い立ちや地域との関わり、現在の店の様子などを関係者のインタビューを交えて丁寧につづり、留萌の街並みや店内の様子、支援者の活動などをたくさんの写真でも紹介している。

 今店長は「多くのお客さまから連載を見たよと声を掛けられ、注目されていることを感じています。遠くは東京都内在住の留萌出身という男性から電話で、書店を応援したいので書籍を定期購読したいと注文もありました。本当にありがたいことです」と話す。

 同書店シリーズは留萌ブックセンター分も含めて過去の連載をもとに再取材、再構成して今年12月に単行本としての出版も予定している。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス