北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

お寺に駄菓子屋「開店」 大昭寺 本堂の一角に【帯広】

「どれもおいしそう」。大昭寺本堂で駄菓子選びを楽しむ子どもたち

 帯広市内の大昭寺(大正本町本通1ノ2、中野誠二住職)が、週1回(月曜日)の駄菓子屋「寺子屋てらこ」を同寺にオープンさせた。地域住民と協力して運営し、子どもと大人が気軽に集まれる地域の居場所を目指す。

 畳敷きの本堂の一角に、昔懐かしい駄菓子が豊富に並ぶ。値段は10~30円が中心で、子どもが計算しやすいようにすべて10円単位だ。人気のスーパーボールくじも用意した。「お寺の役割は地域と人をつなぐこと。駄菓子をきっかけに、子どもたちがお寺に足を運ぶようになれば」と中野住職(51)は話す。

 のれんは妻で坊守の真喜子さん(51)の手作り。縁日風屋台は大正郵便局の局長から寄贈を受け、昔ながらの駄菓子屋さんが出来上がった。店番は、住職夫妻と地域住民が入れ替わりで担当する。

駄菓子屋をオープンさせた中野住職(左)と妻で坊守の真喜子さん

 きっかけは新型コロナウイルスだった。人との接触を減らすよう求められる中、「こんなときだからこそ、人とのつながりを確かめ合う場をつくりたい」(中野住職)と気軽に立ち寄れる駄菓子屋を思い付いた。

 4月のプレオープンでは2日間で子どもと大人合わせて延べ約80人が来場。北海道への緊急事態宣言で5月下旬に予定していたオープンは延期となったが、今月21日には“店開き”にこぎ着け、小銭を握りしめた小学生らが続々と駄菓子を買いに訪れた。

 同級生2人と来た大正小2年の女児(8)は「すてきな場所。安心して過ごせる」と笑顔。当面の間は駄菓子を買って自宅に持ち帰ることにとどめるが、コロナ収束後は、駄菓子を食べながらゆっくりと時間を過ごせるフリースペースを設ける。夜に大人が集まれる場や、高齢者を招いた交流会も開く予定だ。

 中野住職は「子どもや大人が互いに関わりが持てる、ぬくもりのある場所にしたい」と思い描く。開館は毎週月曜日の午後2時~同5時。問い合わせは大昭寺(0155・64・5163)へ。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス