北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

岩内自然の村廃止へ 民間の活用なければ撤去【帯広】

廃止の方向が示された「岩内自然の村」の施設

 帯広市は29日の市議会経済文教委員会で、老朽化が著しい自然体験施設「岩内自然の村」(岩内町)の運営に関する検討状況を報告した。「一定の役割を果たした」(生涯学習部)とし、廃止する考えを示した。施設は民間に移管する方針で、9月ごろから利活用案を募り、年明けに方向性をまとめる。

 同施設は1981年7月にオープン。農業体験実習館「山の家」、管理棟、バンガロー10棟で構成する。近年の利用者はオープン当初の約3万人から約9000人に減少、大半は市外からの利用で、高校生以下の利用は2~3割に落ち込んでいた。

 今後も使用を継続するには耐震工事などの大規模改修が必要。全施設を新築する場合の経費は、維持管理費を含めて10年間で約8億5000万円と試算した。市は「これまでと同様に自然体験施設として運営するのは非常に厳しい」(同)と言及。利用団体から存続を望む声はあるが、廃止しても地域に与える影響は限定的とした。

 市は9月ごろから11月末にかけて、民間事業者から自然体験施設以外の活用を含むアイデアをホームページ上で募集。貸し付けか売却かは、提案内容を精査する中で判断する。

 民間事業者の利活用に至らなかった場合は撤去が基本となる。「ワーケーションの拠点など民間の発想で新たな価値が生み出されることを期待している」(同)としている。

関連記事

室蘭民報

緑丘高生が学習成果披露 「縄文ガイド」「防災安否札」取り組み報告、市民ガ..

 伊達市教委主催の2021年度(令和3年度)だて市民カレッジが、市内松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれ、伊達緑丘高校の生徒が総合的な学習の時間で学んだ成果を披露した。  本年度4...

室蘭民報

洪水や土砂災害、噴火への備えを 長和地区で宇井北大名誉教授、防災講演【伊..

 伊達市長和地区防災講演会が15日夜、長和地区コミュニティーセンターで開かれ、市防災アドバイザーで北海道大学名誉教授の宇井忠英さん(NPO環境防災総合政策研究機構理事)が洪水や土砂災害、津波、噴...

苫小牧民報

世界最高齢のプログラマーら講師に 30日に「熱中スクール」 学び続ける大切..

白老青年会議所(JC、笠井雄太郎理事長)は、30日に「熱中白老JCスクール」と題した講座イベントを白老町総合保健福祉センターで開く。世界最高齢のプログラマーや冒険家らを講師に招き、年齢に関係なく挑...

苫小牧民報

アイヌ丸木舟2隻がウポポイへ 1~2月に弁天の海岸で発見、年代測定や樹木..

苫小牧市弁天の海岸で今年1~2月に見つかったアイヌの丸木舟「イタオマチプ」(板つづり舟)2隻が20日、保管されていた勇武津資料館(勇払)から白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)にある国立アイヌ民族...

十勝毎日新聞

静岡の野澤さん金賞 ばん馬キャラ弁コンテスト【帯広】

 NPO法人とかち馬文化を支える会(帯広)は、「ばん馬キャラ弁コンテスト」の選考結果を発表した。金賞には静岡市の野澤未来さん(33)が選ばれ、彩りや栄養バランスなどが総合的に評価された。  ...