北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

サケ資源守る ふ化場 授精開始【広尾】

サケの卵に精子をかける職員

 管内ふ化場で、サケの採卵授精作業が進められている。十勝釧路管内さけ・ます増殖事業協会(会長・亀田元教広尾漁協組合長)の事業で、広尾ふ化場では10日、卵に精子をかけて受精を促す作業が始まった。

 管内4カ所のふ化場のうち、更別が9日にスタート。広尾町内では8月23日から親サケの捕獲が始まり、ふ化場内で育成している。広尾ではこれまでに約3700匹を捕獲した。

 この日は約15人が午前7時半ごろから作業。歴舟川(大樹)で捕獲したものを含め、婚姻色を帯びたメス約500匹の腹からオレンジ色の卵約110万個を取り出し、オスの精子を振りかけて混ぜ合わせた。

 卵は光を遮断し、水が循環する「ふ化室」に運び入れた。同ふ化場の益田進場長は「親魚の捕獲数は前年より1000匹ほど少ないが、最近は上向きになってきた。順調なふ化につながれば」と話していた。

 ふ化は11月下旬ごろから始まる見込みで、来年5月ごろに町内河川で稚魚を放流する。

関連記事

苫小牧民報

「むかわキンパ」商品化へ 鵡川高生 地元の食材を使って コンテストで発表、試..

鵡川高校の生徒たちが、地元の食材を使った韓国風のり巻き「むかわキンパ」の開発、商品化を進めている。地域のオリジナル料理として、10月2日にオンライン開催される高校生チャレンジ・グルメコンテストin...

苫小牧民報

じゃらん北海道も宿泊満足度ランキングでホテル杉田が1位、「心から歓迎」の..

苫小牧市表町の「くつろぎの湯苫小牧ホテル杉田」(佐藤聰代表)は、リクルート北海道じゃらん(札幌市)の宿泊満足度ランキング2021ホテル編で1位を獲得した。同社が発行する雑誌「北海道じゃらん」10月...

十勝毎日新聞

落花生ざっくざく 収穫スタート【芽室】

 十勝では珍しい落花生の収穫作業が、芽室町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める...

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

命尽きるまで見守る サクラマス産卵【十勝】

 日高山脈の麓にある十勝川水系の支流で25日、産卵を終えたサクラマスの雌が見られた。ぼろぼろの体で、最期を迎えるまで卵を見守っている。  道東のサクラマスは降海後1年で成熟し、生まれた川に戻っ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス