北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自閉症描いた「僕が跳びはねる理由」 シネマ太陽で17日か【帯広】

映画のチラシを手に来場を呼び掛ける小川代表

 映画「僕が跳(と)びはねる理由」が17日から23日まで、帯広市内のシネマ太陽帯広(西3南11)で公開される。自閉症を抱える作家東田直樹さん(千葉県)が13歳の時に執筆し、世界各国でベストセラーになった話題作の映画化。

 放課後等デイサービス事業所を運営する一般社団法人「青鳥舎」(帯広市、小川洋輝代表)が当初、自主上映を企画。配給元のKADOKAWAに問い合わせたところ、「シネマ太陽帯広で上映してはどうか」と計らいがあり、同映画館が呼び掛けに応えた。

 東田さんは人と会話が成り立ちづらく、文字盤を指して会話する。映画は、世界30カ国以上で出版され117万部を超えるベストセラーとなった、東田さんによる同タイトルのエッセーが原作。世界各地の5人の自閉症の子どもたちの証言から、彼らの世界の見え方を映す。

 また、自閉症者の内面がどう行動に影響するかを、映像や音響を駆使して再現。自閉症者が感じている世界を疑似体験し、普通とは何かという疑問をさまざまな角度から見つめる。

 ジェリー・ロスウェル監督。上映時間などは同映画館のホームページで。小川代表は「本を読み、書かれていた思いの数々に衝撃を受けた。行動の意味を『なんでだろう?』と考えることは大事だと思うし、映画を通じて関心を持ってもらえれば」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

落花生ざっくざく 収穫スタート【芽室】

 十勝では珍しい落花生の収穫作業が、芽室町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める...

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

命尽きるまで見守る サクラマス産卵【十勝】

 日高山脈の麓にある十勝川水系の支流で25日、産卵を終えたサクラマスの雌が見られた。ぼろぼろの体で、最期を迎えるまで卵を見守っている。  道東のサクラマスは降海後1年で成熟し、生まれた川に戻っ...

釧路新聞

ツブのブランド化へ試食会【釧路】

ひがし北海道ブランド化推進協議会(小船井修一会長)は26日、釧路産ツブのブランド化に向けて、東京から有名シェフら有識者を招いた会議と商品試作会を釧路センチュリーキャッスルホテルで開いた。南仏の...

函館新聞

古流かたばみ会が生け花体験教室 リンドウを生ける【函館】

 古流かたばみ会北海道支部(仲谷理燿支部長)は26日、生け花体験教室「季節に学ぶ日本人の生き方」を函館市亀田交流プラザで開いた。リンドウを花材とし、市民15人が奥深い生け花の世界に触れた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス