北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

体力知力“上昇”… 大型遊具続々と 市児童会館【帯広】

 帯広市の児童会館(緑ケ丘2)が屋内遊具を21年ぶりにリニューアルし、緊急事態宣言解除後の10月にも利用を開始する。ボルダリング遊具を市の屋内施設では初めて導入、知育にも有効な海外製の大型遊具を配置し、子どもたちの成長を後押しする。来年度にはプラネタリウムも新しくなる予定で、「子どもの殿堂」は大幅に魅力をアップさせる。

高さ2.8メートルのボルダリングウオール。子どもでも登れるようホールドを多くしている

 全面改修したのは2階の講堂内にある小学生向けスペース。新コーナーの広さは約75平方メートル。コンセプトは「体力づくりと豊かな想像力を育む」。壁面は黄色に塗り替えて明るくし、軽運動ができるよう、床には軟らかい素材のマットを敷いた。

 メインの遊具は高さ2.8メートル幅7.2メートルのボルダリングウオール。ホールド(手でにぎる突起物)を数多く配置し、年齢に応じて登れるようコースを設定した。市内では公園を除いてボルダリングができる公共施設は今回が初めて。

 アメリカやドイツなど海外製の大型遊具も配備。自由に組み立てて遊ぶ大型ブロック遊具「イマジネーションプレイグラウンド」、ウレタン製ブロックを組み合わせて遊ぶ「ブロックモジュール」、上下に弾む運動ができる「エアスポット」など創造力を育む遊具を充実させた。

大型ブロック遊具「イマジネーションプレイグラウンド」と飛び跳ねて遊ぶ「エアスポット」

 幼児向けの「もっくんひろば」にも、クッションブロックと歯車遊びが楽しめる知育遊具を追加。既存の木製遊具を残して、遊びの幅を広げた。

 渡邊誠克館長は「天候に左右されずに遊べるので身近な屋内遊具として利用してほしい」と話している。施設再開後の開館時間は午前9時~午後5時。

 市児童会館は今年度からプラネタリウムの更新にも着手。画質を向上させ、臨場感ある映像が見られるようになる。12月から機材の入れ替えに着手する予定。

関連記事

苫小牧民報

豚丼や新得そば、名産販売 ニュー王子 26日まで「十勝うまいもの市」

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子は、第1回北海道物産展として十勝管内のグルメを集めた「十勝うまいもの市」をホテル内の旧レストラン・ハルニレで開いている。26日まで。  霜降り肉の「かみ...

苫小牧民報

厚真産ハスカップ初競り 甘酸っぱい初夏の味 最高値2000円

厚真町の特産品ハスカップの初競りが24日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は「特A大」の1パック(300グラム)が2000円で、前年を500円上回る絶好のスタート。生産するとま...

名寄新聞

住民の関心高く長蛇の列・下川商業高3年が地元初の販売実習会【下川】

 下川商業高校(島瀬展成校長)3年生35人の販売実習会が、23日午前11時から下川町内の元寿フードセンターと名寄市内の西條名寄店前で開かれた。名寄開催は昨年に続き2度目。下川での開催は初となり、にぎ...

十勝毎日新聞

鹿追高が道外から出願可能に 寮や発信、町も後押しへ【鹿追】

  鹿追高校(俵谷俊彦校長、生徒126人)が2023年度入試から、道外からも出願が可能となった。これを受け、鹿追町も寮や下宿など滞在環境整備の検討、全国に向けた同校の魅力発信などを支援していく。 ...

十勝毎日新聞

ハスカップ食べ頃 向井さん来月上旬まで畑開放【大樹】

 大樹町東和地区にある向井稔さん(85)の畑でハスカップの実が熟し、摘み頃を迎えている。7月上旬まで有料で開放している。  向井さんは20年以上前からハスカップの栽培に取り組んでいる。現在は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス