北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

清水高生のスイーツ全道2位 高校パティシエコンテスト【清水】

 セコマ(札幌)などが主催するスイーツコンテスト「ハイスクールパティシエロワイヤル2021」で、清水高校(吉村教賢校長、生徒262人)の中林寿泉奈(すみな)さん=3年=と堀田優菜さん=同=が出品した「十勝ラテアタルト」が第2位となる優秀賞を獲得した。紅茶を使ったタルト生地に白あんとチーズプリンを重ねたスイーツ。上位4作品はセコマが商品化し、全道のセイコーマートで27日から10月10日まで限定発売される。

十勝ラテアタルトを作った(左から)中林さんと堀田さん

 コンテストは、次世代を担う高校生を対象に人材育成や産業育成を目的に、18年から実施している。出品するスイーツの条件は、北海道の魅力をPRできる洋菓子で、道産砂糖の使用と、その他道産食材を必ず1品以上使用することなどが設定されている。

 清水高校は同年に奨励賞(3位相当)、19年に今回と同じく優秀賞を受賞し、それぞれ商品化された。

 中林さんと堀田さんは、同校の生産技術系列食品分野に所属。普段から授業で食品加工や食品製造について学んでいる。

 2人が出品した「十勝ラテアタルト」は、タルト生地に白花豆の白あん、クリームチーズ、生クリーム、牛乳、バターを使用した丸いチーズプリンが重なっている一品。

27日から全道のセイコーマート全店で発売する十勝ラテアタルト(セコマ提供)

 最も苦労したのが、チーズプリンと白あんの割合。「チーズプリンを引き立てるための白あんなので、少なすぎるとチーズが強くなりすぎ、多すぎると甘さが強くなる」と堀田さん。割合を決めるため「食べるのも見るのも嫌になるぐらい試食した」(中林さん)という。

 「十勝ラテアタルト」は本体価格298円(8%税込み321.84円)。堀田さんは「紅茶とチーズ、白あんの組み合わせはあまりないと思う。この三つを同時に食べてみてほしい」、中林さんは「(白あんとチーズプリンの)バランスに自信があるので、それを味わって」と話している。

 コンテストには、道内の13高校から31チーム36作品の応募があり、1次審査を経て10チームが本選へと進んだ。管内では清水高校の他、広尾高校の寺澤雅貴さん=3年=と吉田姫菜さん=同=出品の「リリルバ~ユリ根とルバーブの仲人はチーズ~」が入賞となり、学校のある地域で限定販売される予定(時期・店舗未定)。

 なお最優秀賞は、真狩高校(後志管内真狩村)の生徒2人が出品した「クリームったっぷり!ハスカップのまんまるクッキーシュー」が受賞した。

関連記事

十勝毎日新聞

脂乗り抜群 生シシャモ 23日までフェア【帯広】

 旬の生シシャモを味わう「十勝産ししゃも祭」が、帯広市内の飲食店で行われている。23日まで。  今年で17回目。参加店は北の屋台全19店と屋台卒業の4店のほか、プレミアホテル-CABIN-帯広...

十勝毎日新聞

滑らか食感アイスバー 町産の絹手亡使用 セコマ【池田】

 コンビニエンスストア道内大手のセコマ(札幌市)は、JA十勝池田町(鈴木雅博組合長)の協力で、池田町産の絹手亡を使った「Secoma 十勝の白豆アイスバー」を新発売した。セイコーマート全店舗(北...

十勝毎日新聞

「皇帝」サーモン限定販売 初の小売り、1000パック【音更】

 JA木野の子会社のスーパー・ハピオ(音更町)は14日から東和食品(釧路管内白糠町)の大ヒット商品「エンペラーサーモン」を1000パック限定で販売する。  同店の「27周年誕生祭」に合わせて企...

十勝毎日新聞

「ごちめし」持ち帰りで 十勝産バーガー提供【帯広】

 他人の食事料金などを先払いする「ごちめし」の仕組みを取り入れてきた帯広市内の飲食店「結」(広小路、店主・本間辰郎さん)が8日、「ごちめしサービス・テイクアウト専門店yui」として、リニューアル...

十勝毎日新聞

よつ葉 秋の新商品首都圏で大PR【札幌】

 よつ葉乳業は秋の新製品の投入とともに、首都圏などで過去最大規模のテレビCMを展開し、販売攻勢を仕掛けている。1日に発売した新商品「北海道バターミルクヨーグルト・レアチーズ仕立て」とリニューアル...