北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

ツブのブランド化へ試食会【釧路】

川島氏特製の南仏の伝統的な料理「ブランダード」をアレンジしたコロッケ

ひがし北海道ブランド化推進協議会(小船井修一会長)は26日、釧路産ツブのブランド化に向けて、東京から有名シェフら有識者を招いた会議と商品試作会を釧路センチュリーキャッスルホテルで開いた。南仏の伝統的な料理「ブランダード」をアレンジしたツブ貝コロッケを試食し、普及へ向けて意見を交わした。

 同協議会は①安定供給が見込める②真ツブ、灯台ツブ、青ツブなど種類があり、各種飲食店で提供できる③加工品として商品開発しやすい④グッズ展開しやすい⑤網で焼くなど観光コンテンツになり得る─としてツブ貝をブランド強化品目とし、消費拡大や観光客誘致につながる取り組みを行う。

 この日は、東京南青山のフランス料理店「ラ・ロシェル」総料理長の川島孝氏、首都圏の飲食店に地域食材を紹介する「食のショールーム・パルズ」の山崎友香代表、完全予約の寿司店「酢飯屋」の岡田大介社長、地域活性化支援やブランディングなどを支援する「国産」の影山恭英社長を招いた。

 会議には市水産港湾空港部の古川秀一水産統括監、市水産加工振興センターの鳴川慶一所長、駒形家の白幡慎太郎専務らも出席。コーディネーターをマルカツ吉田新聞店の吉田勝幸社長が務めた。3月に東京の歌舞伎座で釧路の水産加工品の人気投票でツブ貝は8位だったことや、道内の他地域産との差別化といった課題を共有。意見交換では、岡田氏が「北海道のツブ貝は人気があるがどこの地域のものという認識がない。地域ブランドを確立するチャンス」と述べ、ツブ貝のいずしなどを提案。川島氏はカルパッチョなど食感を楽しむメニューを紹介した。

 試食会では、川島氏が考案したツブに加えタラも入れたコロッケを試食。「ツブの食感が楽しめ、素材の良さが伝わる」などと好評を博し、市内の各飲食店が独自にアレンジして展開することや、釧路産のスケトウダラやマダラを使うことなどの意見が出た。「飲食店に限らず他業種でも事業展開が可能では」との声もあった。  川島、山崎、岡田、影山各氏は25日に来釧、白糠町の酪恵社でチーズなどの商品を視察し、鳥取神社では鹿肉の試食会を行った。

関連記事

室蘭民報

緑丘高生が学習成果披露 「縄文ガイド」「防災安否札」取り組み報告、市民ガ..

 伊達市教委主催の2021年度(令和3年度)だて市民カレッジが、市内松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれ、伊達緑丘高校の生徒が総合的な学習の時間で学んだ成果を披露した。  本年度4...

室蘭民報

洪水や土砂災害、噴火への備えを 長和地区で宇井北大名誉教授、防災講演【伊..

 伊達市長和地区防災講演会が15日夜、長和地区コミュニティーセンターで開かれ、市防災アドバイザーで北海道大学名誉教授の宇井忠英さん(NPO環境防災総合政策研究機構理事)が洪水や土砂災害、津波、噴...

苫小牧民報

世界最高齢のプログラマーら講師に 30日に「熱中スクール」 学び続ける大切..

白老青年会議所(JC、笠井雄太郎理事長)は、30日に「熱中白老JCスクール」と題した講座イベントを白老町総合保健福祉センターで開く。世界最高齢のプログラマーや冒険家らを講師に招き、年齢に関係なく挑...

苫小牧民報

アイヌ丸木舟2隻がウポポイへ 1~2月に弁天の海岸で発見、年代測定や樹木..

苫小牧市弁天の海岸で今年1~2月に見つかったアイヌの丸木舟「イタオマチプ」(板つづり舟)2隻が20日、保管されていた勇武津資料館(勇払)から白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)にある国立アイヌ民族...

十勝毎日新聞

静岡の野澤さん金賞 ばん馬キャラ弁コンテスト【帯広】

 NPO法人とかち馬文化を支える会(帯広)は、「ばん馬キャラ弁コンテスト」の選考結果を発表した。金賞には静岡市の野澤未来さん(33)が選ばれ、彩りや栄養バランスなどが総合的に評価された。  ...