北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

市、内部事務デジタル化 来月から本格始動、テレワーク環境を充実【登別】

出勤時、職員証をタブレットにかざす登別市職員

労務や文書管理

 登別市は10月から、職員の業務効率化に向け、内部事務のデジタル化を本格化させる。一部導入していた電子決裁を全事務に拡大。労務や文書管理もシステム化する。コロナ禍のリスク分散や働き方改革が注目される中、テレワーク環境の強化も狙いとしている。

 これまで職員が作成する書類などは、紙で管理職に提出し、判断を仰いできた。決裁後の書類は、各部署の執務室に決められた期間、保管されていた。

 今後は全事務に電子決済を導入する。職員の作成した電子文書は、管理職がパソコン上で判断。決裁後は市のサーバーで保管する。押印廃止により意思決定の迅速化、ペーパーレス化を図る。

 労務管理も電子化する。出退勤管理システムを9月に試験導入し、現在は課題洗い出しの最中。出退勤は庁舎入り口のタブレットに職員証をかざすことで管理。各種休暇取得はパソコンを使い届け出る。

 市は今春から、テレワーク環境の整備に着手。地方公共団体情報システム機構の実証事業を使い、自宅勤務時の情報の取り扱いなど課題をクリア。固定電話の半数以上を廃止し、スマートフォンを導入するなど、着々と環境を構築している。

 実際、緊急事態宣言により「自宅で勤務する職員が増えて」(市)おり、8月27日~9月30日では延べ約200人になる見通しという。

 総務グループの篠原知紀総括主幹は「働き方を見直すチャンスとしたい。ペーパーレス化やテレワークの促進は、書庫や執務場所の減少にもつながるなど、新本庁舎の設計にも影響するでしょう」と話している。

関連記事

苫小牧民報

豚丼や新得そば、名産販売 ニュー王子 26日まで「十勝うまいもの市」

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子は、第1回北海道物産展として十勝管内のグルメを集めた「十勝うまいもの市」をホテル内の旧レストラン・ハルニレで開いている。26日まで。  霜降り肉の「かみ...

苫小牧民報

厚真産ハスカップ初競り 甘酸っぱい初夏の味 最高値2000円

厚真町の特産品ハスカップの初競りが24日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は「特A大」の1パック(300グラム)が2000円で、前年を500円上回る絶好のスタート。生産するとま...

名寄新聞

住民の関心高く長蛇の列・下川商業高3年が地元初の販売実習会【下川】

 下川商業高校(島瀬展成校長)3年生35人の販売実習会が、23日午前11時から下川町内の元寿フードセンターと名寄市内の西條名寄店前で開かれた。名寄開催は昨年に続き2度目。下川での開催は初となり、にぎ...

十勝毎日新聞

鹿追高が道外から出願可能に 寮や発信、町も後押しへ【鹿追】

  鹿追高校(俵谷俊彦校長、生徒126人)が2023年度入試から、道外からも出願が可能となった。これを受け、鹿追町も寮や下宿など滞在環境整備の検討、全国に向けた同校の魅力発信などを支援していく。 ...

十勝毎日新聞

ハスカップ食べ頃 向井さん来月上旬まで畑開放【大樹】

 大樹町東和地区にある向井稔さん(85)の畑でハスカップの実が熟し、摘み頃を迎えている。7月上旬まで有料で開放している。  向井さんは20年以上前からハスカップの栽培に取り組んでいる。現在は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス