北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

キングサーモン養殖事業順調 飼育観察充実へ大型水槽設置【函館】

キングサーモンの完全養殖研究のため新たに設置された大型水槽

 函館市が今年度から取り組んでいるキングサーモン(マスノスケ)の完全養殖技術研究事業が順調に進んでいる。研究拠点である市国際水産・海洋総合研究センター(弁天町)では10月にも、現在仮水槽で飼育中のキングサーモンを新たに設置した大型水槽に移動し、人工ふ化の実現に向けたDNA解析や遺伝資源の保存技術の研究を本格化させ、国内初となる純粋なキングサーモンの完全養殖技術の確立を目指す。

 函館近海での漁獲量の減少が続く中、市は天然資源依存の漁業から育てる漁業への脱却を目指し、希少価値の高いキングサーモンの養殖事業に着手。今年度は4~6月に南かやべ漁協管内の定置網で捕獲された天然キングサーモン56匹を入手した。死んだ個体44匹の卵と北大大学院水産科学研究院が所有する凍結精子との受精を試みたが、発眼は確認されなかった。現在は天然キングサーモン12匹と、北大大学院水産科学研究院所有の人工ふ化したキングサーモン13匹を同センター内の仮水槽で飼育している。

 今後は新たに設置した大型水槽設備(10トン×2基、7トン×1基)にキングサーモンを移動し飼育を継続。同水槽は水温調節器や酸素発生器などを備え、海水と淡水のどちらの給水可能で、より充実した状況で飼育観察が可能となる。

 また、2023年度から予定している海面での養殖試験に向け、浮沈式生けすの設置場所を選定するための海況基礎調査を、10月から市内4海域で実施する。市農林水産部は「地元漁業者と協力しながら速やかに調査を進めていきたい」としている。

 順調に研究が進めば、26年度にも完全養殖が実現する可能性もあるが、同部では「天然のキングサーモンが安定的に入手できるか分からないので、今後の見通しについては未知数な部分も多い。ただ、事業化が実現すれば函館ブランドのキングサーモンとして高い付加価値が期待できるので、関係機関と連携しながらじっくりと研究を進めていきたい」と話している。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス