北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

水木しげる生涯たどる 漫画展開幕 鬼太郎はなぜ生まれた?【帯広】

鬼太郎などのマスコットや漫画が展示されている「水木しげる 魂の漫画展」

 「ゲゲゲの鬼太郎」などでおなじみの漫画家・水木しげる氏(1922~2015年)の画業を紹介する「水木しげる 魂の漫画展」が9日、道立帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で開幕した。午前中から管内外から多くの来場者が訪れ、日本漫画界の鬼才の生涯を追体験した。

 展覧会は帯広美術館開館30周年、帯広商工会議所100周年記念事業で、道立帯広美術館、十勝毎日新聞社など主催。

 展覧会は水木氏(本名・武良茂)の「天才画家」とうたわれた少年時代に始まり、氏の漫画研究、鬼太郎をはじめとする代表作、戦地での壮絶な体験など人生や画業、人物像に迫る内容を全8章仕立てで構成している。

 オープン前から同館前に列ができ、開場とともに家族連れや夫婦ら多くの市民が来場した。帯広市内の会社員中康行さん(51)は「戦争体験の漫画など知らなかった内容もあった」、空知管内上砂川町から来た谷山晶宣さん(34)、西岡千加子さん(54)親子は「妖怪の造形がすごかった」「鬼太郎以外のキャラクターも知れたし、氏の人生にも驚いた」と話していた。

 展覧会は12月19日まで(11月1日を除く月曜休館)。午前9時半~午後5時(入場午後4時半まで)。観覧料は一般当日1200円、高大生700円、中学生400円、小学生以下無料。障害者手帳を持つ人、同館開館30周年の記念日にちなみ、1991年生まれの人、9月22日生まれの人は入場無料。

関連記事

十勝毎日新聞

ママチャリ完走目指し 「5時間耐久」【更別】

 「全日本ママチャリ5時間耐久レース」(実行委員会主催)が5日、更別村の十勝スピードウェイで行われた。自動車レースの舞台となるコースを、39チーム約260人が自転車で完走を目指して駆け抜けた。 ...

十勝毎日新聞

ランナー事前登録開始 来月オンライン開催 フードバレーマラソン【帯広】

 新型コロナウイルスの影響で2年連続の中止が決まり、今年もオンライン開催となった「フードバレーとかちマラソンON THE WEBhttps://wwwfoodvalleymarathoncom/」が10月1日から始まる。新たに有...

十勝毎日新聞

屋台や縁日楽しむ 22日に「納涼祭」【帯広】

 屋台や縁日が楽しめる「おびひろ納涼祭」が22日、帯広市中心部の駅北多目的広場で開かれる。  実行委員会(佐藤彰紘委員長)主催。シュガーハート、cafeW、ARiA、ミドリ調剤(いずれも帯広)...

十勝毎日新聞

マルシェ今年も巡って食べて 9月から2カ月【十勝】

 食と音楽の祭典「とかちマルシェ」の実施概要が7日までに固まった。新型コロナウイルス感染防止の観点から、今年も従来型の集積実施ではなく、管内の飲食店などを巡ってもらい、十勝産食材を使った料理を食べ...

十勝毎日新聞

森の中で週末を 今年も「マルシェ」【芽室】

 芽室町で飲食事業を営む「めむろプラニング」(上芽室基線4ノ11、鈴木久恵社長)は敷地内の森を活用し、7月3日から9月27日までの毎週土・日曜に「ちいさな森のマルシェ」を開く。  パークゴル...