北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「涙が出るほどうれしい」【浦河】

 14日、中央競馬の阪神第11レース「第46回エリザベス女王杯」(GⅠ)で、浦河町の辻牧場生産のアカイイト(牝4)が優勝した。レース後、同牧場には池田拓町長や様似町の木下行宏副町長ら関係者が集まり、喜びの万歳でGⅠ優勝を祝った。

 同牧場の辻弘毅社長(81)はこの日、様似町鵜苫の自宅で息子の助(たすく)取締役ら家族でテレビ観戦。後続に2馬身突き放した強い競馬でアカイイトの勝利を見届け、「涙が出るほどうれしかった」と辻社長。

 人気は10番だったが、中竹和也調教師から「今までで一番いい状態」と聞いており、辻社長は「ひそかに期待していた」「初めての重賞がGⅠでこの先が楽しみ」と笑顔。

 辻牧場は明治43年創業の老舗の牧場。繁殖本場が浦河町東幌別、育成を様似町の鵜苫沢ほかで分担。親の時代から兄弟で経営し、現在はその息子たちのいとこ同士で共同運営している。従業員51人で繁殖牝馬70頭を管理している。

 1966年(昭和41年)皐月賞馬のニホンピロエース、71年菊花賞馬のニホンピロムーテー、77年の桜花賞、エリザベス女王杯優勝のインターグロリアなどの歴代クラシックホースを輩出。同牧場のGⅠ制覇は2018年に京都競馬場で行われた「第8回JBCレディスクラシック」(統一GⅠ)をアンジュデジールで制して以来3年ぶり。

 助取締役(50)は「アカイイトがGⅠを勝ててとれもうれしい。これからもけがをせずに、無事に走ってくれたらうれしい」と話していた。  浦河町産馬は、今年6月の安田記念をダノンキングリー(三嶋牧場生産)、11月の第11回JBCレディスクラシックをテオレーマ(笠松牧場生産)が制し、GⅠ勝利が続いている。

 祝いに訪れた池田町長も「この調子で勝ち続けてほしい」と話し、ひだか東農協の笹島政信組合長は「浦河にいい風が吹いている。優勝は生産者の努力の賜物」とたたえ、牧場関係者や訪れた人たちは万歳で喜びを爆発させた。

万歳でGⅠ勝利を祝う辻牧場関係者ら

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス