北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

姉妹都市カナダの味で元気に 高校生調理、21日販売会【足寄】

 足寄高校(楡木伸司校長)で3年生の選択科目「課題探究」を学ぶ生徒が、はたらくものづくり村内の交流施設「かってば」(町南1)で21日、カナダの郷土料理などを販売するイベントを開く。14日には最後の試作会を行うなど、生徒たちが本番に向けた準備を進めている。

イベントをPRする生徒たち

 足寄町とカナダ・アルバータ州ウェタスキウィン市が姉妹都市の関係にあることから、カナダの郷土料理に着眼。今回は、観光スポットとなるような店を開いて町の活性化を目指すグループの7人が、カナダ発祥のイモ料理「プーティーン」を提供するイベントを企画した。足寄ひだまりファームの沼田正俊代表がアドバイザーを務め、原価率などを含めた実践的な助言も行われた。

 「POUTINE KING」と題し、プーティーンの他、町産イチゴを使ったレアチーズケーキなどを販売する。

 プーティーンは、フライドポテトの上にソースとチーズをかけた郷土料理の一つ。味の決め手となる「グレイビーソース」は、町国際交流員だったミッチェル・ボーウィーさんが協力し、足寄オリジナルのレシピを考案した。

 生徒たちはレシピを基に6回の試作を重ねてイベントに臨む。タマネギをベースにしたソースはとろみがあり、こくのある味が特徴。フライドポテトも食べ応えがありソースと絡むよう太いサイズにした。

 プーティーンづくりを担当する女子生徒(18)は「カナダに行ったことがあるないにかかわらず、たくさんの人に食べてもらいたい」と意気込んでいる。

 町内各所に掲示したポスターは、はたらくものづくり村内でカフェを運営していた絵本作家の西出萌美さん(30)が作製した。西出さんは「可能性にあふれる高校生の力になれてうれしい」と話していた。

 イベントは21日午前10時~午後3時。

関連記事

十勝毎日新聞

帯広南商業は全国特別賞 「来年は優勝を」 うまいもん甲子園【東京】

 高校生による地元食材を使った料理コンテスト「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会が27日、都内で開かれた。帯広南商業高校クッキング部は優勝と準優勝(3チーム)は逃したが、特別賞を受賞...

十勝毎日新聞

「清舞」で濃厚ブドウジュース 共働学舎が新発売【新得】

 共働学舎新得農場(町新得9、宮嶋望代表)は25日、十勝ワインの原料にもなっている品種「清舞」のブドウのジュースを発売した。ブドウは同農場が無農薬・無肥料で栽培、圧搾せず自然にしたたる果汁を瓶詰め...

十勝毎日新聞

碧雲蔵新酒「力強くキレ」 「十勝純米」お披露目【帯広】

 帯広畜産大学内の酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」(帯広市稲田町西2線15)で醸造を手掛ける上川大雪酒造(上川管内上川町、塚原敏夫社長)は23日、今年収穫の新米を使った日本酒のお披露目会を開いた。参加者...

十勝毎日新聞

限定「冬結び」発売 新商品「ゆべし」など10種 柳月【十勝】

 柳月は冬限定のギフト「冬結び」を販売している。和洋菓子の新商品を含む10種類(25個)の詰め合わせ。来年1月4日ごろまで販売する(売り切れ次第終了)。  新商品は「冬ゆべし みかん小餅」と「...

十勝毎日新聞

“出来たて”瓶詰め 十勝ワインヌーボ 12月1日発売【池田】

 今年産のブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2021」の瓶詰め作業が18日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)の製造工場で行われた。昨年の2000本より400本多い2400本を製造...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス