北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

碧雲蔵新酒「力強くキレ」 「十勝純米」お披露目【帯広】

 帯広畜産大学内の酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」(帯広市稲田町西2線15)で醸造を手掛ける上川大雪酒造(上川管内上川町、塚原敏夫社長)は23日、今年収穫の新米を使った日本酒のお披露目会を開いた。参加者は、この日のために作られた料理と一緒に、新酒の味わいを楽しんだ。

有塚組合長(右)の発声で乾杯する参加者

 同社は十勝の企業らと十勝緑丘(りょっきゅう)=帯広市=を立ち上げ、昨春に碧雲蔵を開設。全国で唯一、大学内にある酒蔵が2年目を迎え、今期の日本酒の初搾りも無事に終えた節目として「酒蔵の開設に相談に乗ってくれた方々や支援者ら」(塚原社長)約50人が集まった。

 この日、振る舞われた日本酒は、今月8日から販売が始まった「十勝純米 初しぼり 生」(720ミリリットル、1320円)。高品質の道産酒造好適米「彗星(すいせい)」を原料に、同大客員教授の川端慎治マエストロ(総杜氏=とうじ)の管理で、力強さとキレ味を併せ持つ仕上がりになった。

 「碧雲蔵・新酒まつり 日本酒と食のマリアージュ~三国シェフを迎えて」と銘打ったお披露目会は、世界的なフランス料理シェフ三國清三氏(上川大雪酒蔵グループ最高顧問)や、「北海道イタリアン」の第一人者堀川秀樹氏らが創作料理を提供。有塚利宣JA帯広かわにし組合長の乾杯の発声を受け、参加者は新酒や料理を楽しんだ。

披露された「十勝純米 初しぼり 生」

 来賓の奥田潔帯畜大学長は「教育研究機関に酒蔵を誘致してから2年。碧雲蔵で新酒を味わう会を開催できるまでに発展した。心からお祝いしたい」、米沢則寿市長は「十勝・帯広の地域の歴史と資源にマッチした魅力が誕生した。その魅力を発信していきたい」との言葉を寄せた。

 また、塚原社長は「地域の振興に資する会社として進んでいきたい」とあいさつ。函館市内で建設が進む同社3カ所目の酒蔵「函館五稜乃蔵」は「25日に竣工式、酒造りは12月から始める」とし、「来年は、上川・十勝・函館の飲み比べができるようになる」と今後の展望も話した。

関連記事

十勝毎日新聞

帯広南商業は全国特別賞 「来年は優勝を」 うまいもん甲子園【東京】

 高校生による地元食材を使った料理コンテスト「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会が27日、都内で開かれた。帯広南商業高校クッキング部は優勝と準優勝(3チーム)は逃したが、特別賞を受賞...

十勝毎日新聞

「清舞」で濃厚ブドウジュース 共働学舎が新発売【新得】

 共働学舎新得農場(町新得9、宮嶋望代表)は25日、十勝ワインの原料にもなっている品種「清舞」のブドウのジュースを発売した。ブドウは同農場が無農薬・無肥料で栽培、圧搾せず自然にしたたる果汁を瓶詰め...

十勝毎日新聞

限定「冬結び」発売 新商品「ゆべし」など10種 柳月【十勝】

 柳月は冬限定のギフト「冬結び」を販売している。和洋菓子の新商品を含む10種類(25個)の詰め合わせ。来年1月4日ごろまで販売する(売り切れ次第終了)。  新商品は「冬ゆべし みかん小餅」と「...

十勝毎日新聞

“出来たて”瓶詰め 十勝ワインヌーボ 12月1日発売【池田】

 今年産のブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2021」の瓶詰め作業が18日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)の製造工場で行われた。昨年の2000本より400本多い2400本を製造...

十勝毎日新聞

姉妹都市カナダの味で元気に 高校生調理、21日販売会【足寄】

 足寄高校(楡木伸司校長)で3年生の選択科目「課題探究」を学ぶ生徒が、はたらくものづくり村内の交流施設「かってば」(町南1)で21日、カナダの郷土料理などを販売するイベントを開く。14日には最後の...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス