北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

斉藤卯助翁の胸像移転【浦河】

 コロナ禍で延び延びとなっていた斉藤卯助翁の胸像移転記念式典が22日、約40人の関係者が出席して浦河町基幹集落センター荻伏会館で行われた。

 浦河町上野深で牧場を経営していた斉藤さんは、浦河はもとより日高管内の馬産振興に大きな功績を残した人。

 明治41年に福井県で生まれ、大正時代に父親とともに浦河に入植し、1956年に荻伏牧場を設立。軽種馬生産一途に情熱を傾け、数多くの優駿を生産する一方、日高軽種馬農協組合長や日本軽種馬協会副会長、日本中央競馬会運営審議委員などの要職を歴任し、組織の強化や市場の整備改善に尽くした。

 当時、子馬だった5冠馬シンザンを名調教師の武田文吾氏に紹介したのはあまりにも有名な話。人情にあふれ、地元では元浦川第二自治会の初代会長、荻伏地区の初代連合会長も努めて「うすけさん」と呼ばれて親しまれた。

 これらの功績をたたえて、胸像は亡くなった翌年の昭和61年6月に日高軽種馬農協や多くの個人が協賛して牧場のあった野深地区に建立されたもので、今回、土地所有者の胸像周辺環境整備に伴い、自治会連合会などが移転協賛会を組織して資金を集め、町の許可を受けて荻伏地区の元浦川児童公園に昨年12月に移転設置した。

 記念式典では、協賛会長の代理で和田功事務局長がこれまでの経過を紹介して式辞を述べ、池田拓浦河町長、金岩武吉道議、木村貢日高軽種馬農協組合長が斉藤さんの功績と人柄を偲んで祝辞。

 浦河神社の宮司による祝詞と玉ぐし拝礼などの神事が行われたあと、長男の斉藤隆さんが関係者の配慮に感謝し「胸像を浦河のレガシーとして残したいと、連合自治会など協賛会が検討してくれたことは身内として大変ありがたい。製作者の鈴木吾郎さん(彫刻家)の美術的価値、住んでいた旅館の近くという思い出の地に建ち、父も満足してるはず」と胸をいっぱいにして謝辞を述べた。

元浦川児童公園に移転した胸像

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス