北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

北海道地区団体準優勝【新ひだか】

【新ひだか】「書の甲子園」で知られる第30回国際高校生選抜書展(毎日新聞社、毎日書道会主催)の審査結果が25日発表され、静内高校(坪井克彦校長、生徒466人)が北海道地区団体の準優勝を獲得した。

 国内のほか、多くの国・地域から1万1368点(国内1万1052点、海外316点)の応募の中、北海道地区(58校、1215点)から22人が入賞、198人が入選。静内は北海道地区の団体準優勝を獲得し、個人部門では大賞1人、準大賞1人、秀作賞1人、入選11人の計14人が入賞を果たした。

 個人部門で田村帆香(ほのか)さん(3年)が大賞、出井隆介さん(3年)が準大賞、藤田知里さん(2年)が秀作賞、鈴木ひかりさん、川上さくらさん、種田香澄さん、石丸陽菜(はるな)さん、土田柚月(ゆずき)さん、谷実優(みひろ)さん、森未幸さん(以上3年)、藤川美咲さん、青木七瀬さん(以上2年)、江田楓さん、結城音彩(のあ)さん(以上1年)が入選した。

 個人部門の大賞を獲得した田村さんは「昨年大きい賞に選ばれた作品を参考に、自分の弱みを見つけ練習を重ねてきた。周りの仲間や先生の助けがあり、賞を取ることができた。3年間の集大成として結果を残せてうれしい」、準大賞の出井さんは「名誉ある賞をいただきうれしい。顧問の先生や部員の支えがあってこその賞であり、自分も成長できたと感じている。皆さんに感謝したい」、秀作賞の藤田さんは「とてもうれしい。次は、文部科学大臣賞を目指して努力したい」とそれぞれ喜んでいた。

 部員20人を指導した横山晃秀教諭は「これまで地域のイベントで書道パフォーマンスを披露したり、町の広報誌で書道部の活動を紹介していただいたことが部員の励みになった。地域の方々のご支援に心から感謝したい」と話した。

「書の甲子園」北海道地区団体準優勝を喜ぶ書道部員たち

関連記事

苫小牧民報

豚丼や新得そば、名産販売 ニュー王子 26日まで「十勝うまいもの市」

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子は、第1回北海道物産展として十勝管内のグルメを集めた「十勝うまいもの市」をホテル内の旧レストラン・ハルニレで開いている。26日まで。  霜降り肉の「かみ...

苫小牧民報

厚真産ハスカップ初競り 甘酸っぱい初夏の味 最高値2000円

厚真町の特産品ハスカップの初競りが24日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は「特A大」の1パック(300グラム)が2000円で、前年を500円上回る絶好のスタート。生産するとま...

名寄新聞

住民の関心高く長蛇の列・下川商業高3年が地元初の販売実習会【下川】

 下川商業高校(島瀬展成校長)3年生35人の販売実習会が、23日午前11時から下川町内の元寿フードセンターと名寄市内の西條名寄店前で開かれた。名寄開催は昨年に続き2度目。下川での開催は初となり、にぎ...

十勝毎日新聞

鹿追高が道外から出願可能に 寮や発信、町も後押しへ【鹿追】

  鹿追高校(俵谷俊彦校長、生徒126人)が2023年度入試から、道外からも出願が可能となった。これを受け、鹿追町も寮や下宿など滞在環境整備の検討、全国に向けた同校の魅力発信などを支援していく。 ...

十勝毎日新聞

ハスカップ食べ頃 向井さん来月上旬まで畑開放【大樹】

 大樹町東和地区にある向井稔さん(85)の畑でハスカップの実が熟し、摘み頃を迎えている。7月上旬まで有料で開放している。  向井さんは20年以上前からハスカップの栽培に取り組んでいる。現在は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス