北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

北海道地区団体準優勝【新ひだか】

【新ひだか】「書の甲子園」で知られる第30回国際高校生選抜書展(毎日新聞社、毎日書道会主催)の審査結果が25日発表され、静内高校(坪井克彦校長、生徒466人)が北海道地区団体の準優勝を獲得した。

 国内のほか、多くの国・地域から1万1368点(国内1万1052点、海外316点)の応募の中、北海道地区(58校、1215点)から22人が入賞、198人が入選。静内は北海道地区の団体準優勝を獲得し、個人部門では大賞1人、準大賞1人、秀作賞1人、入選11人の計14人が入賞を果たした。

 個人部門で田村帆香(ほのか)さん(3年)が大賞、出井隆介さん(3年)が準大賞、藤田知里さん(2年)が秀作賞、鈴木ひかりさん、川上さくらさん、種田香澄さん、石丸陽菜(はるな)さん、土田柚月(ゆずき)さん、谷実優(みひろ)さん、森未幸さん(以上3年)、藤川美咲さん、青木七瀬さん(以上2年)、江田楓さん、結城音彩(のあ)さん(以上1年)が入選した。

 個人部門の大賞を獲得した田村さんは「昨年大きい賞に選ばれた作品を参考に、自分の弱みを見つけ練習を重ねてきた。周りの仲間や先生の助けがあり、賞を取ることができた。3年間の集大成として結果を残せてうれしい」、準大賞の出井さんは「名誉ある賞をいただきうれしい。顧問の先生や部員の支えがあってこその賞であり、自分も成長できたと感じている。皆さんに感謝したい」、秀作賞の藤田さんは「とてもうれしい。次は、文部科学大臣賞を目指して努力したい」とそれぞれ喜んでいた。

 部員20人を指導した横山晃秀教諭は「これまで地域のイベントで書道パフォーマンスを披露したり、町の広報誌で書道部の活動を紹介していただいたことが部員の励みになった。地域の方々のご支援に心から感謝したい」と話した。

「書の甲子園」北海道地区団体準優勝を喜ぶ書道部員たち

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス