北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【鹿児島】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内や環境教育、若手ガイドの育成など幅広く活動を展開している。

自身が編集したガイドブックを手に屋久島の魅力を語る小原さん

 小原さんは1962年音更町生まれ。帯広柏葉高校卒業。高校時代は山岳部に所属し日高山脈に登った。鹿児島大の水産学部を卒業後、奄美大島でトラフグなど高級魚を養殖する水産業に就いた。知人から屋久島の案内を依頼されたことがきっかけとなり、87年に屋久島への移住を決断した。

 当時は屋久島に登山文化がなく、専業の山岳ガイドはいなかった。縄文杉の知名度が上がり始めた時期で、「進路に迷っていたし、真面目にやれば生活できるかもしれない」とガイドとしてのキャリアをスタートさせた。

 89年に屋久島ガイド協会を創設。島内で交友があった元環境省職員、ダイビングショップ経営者の3人で、島内初のガイド会社「屋久島野外活動総合センター」を93年に立ち上げた。その半年後に世界遺産登録が決まり、島の知名度向上とともにガイドの仕事が増えていった。

 海の調査や山の観察会など毎日のように島内のフィールドを歩いて回った。「だんだん目が肥えてきて見えなかった植物や生き物が見えるようになった」。現在は人気スポットとなった白谷雲水峡をめぐるフォレストウオークなど新たなツアーを考案し、屋久島の魅力を引き出していった。

 「観光で終わらず学びや面白い体験を提供できるガイドを増やしたい」と後進の育成にも力を注ぐ。屋久島ガイドをけん引する存在で、エコツーリズムの推進のほかガイド料金を国際水準にまで引き上げるなど功績は多岐にわたる。

 新型コロナウイルスの影響でガイド需要が落ち込んでいるが、今年は環境省の補助金を活用して屋久島の自然環境をまとめたガイドブック(500部、非売品)を出版。屋久島の魅力を発信し続けている。

 「十勝の話題になると自慢するのが日高山脈なんです」と日高山脈襟裳国定公園の国立公園化を歓迎する。「保全と利用は両輪で進めるべき。自然を学べる場が増えれば十勝の財産になる」と期待を込める。

 ガイド職に就いたのは、高校時代に登った日高山脈の存在も影響したという。「実は、日高山脈に行きたくて畜大受験や山岳救助の仕事も考えました」と笑う。いまも屋久島からふるさとの山に目を向けている。

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス