北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

道南バスの社員(右)からバスの乗り方などについて説明を受ける地域住民

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた。地域住民がバスの利便性に改めて理解を深めていた。

 運賃支払い時のQRコード決済やスマートフォンで路線バスの遅れなどが分かる「バスキタ!道南」の導入など、バス利用の在り方が変化する中、高齢者らにバスの乗り方や利便性の高さを周知し、利用促進につなげる狙い。室蘭市や同ショッピングセンター商業協同組合、公益財団法人室蘭テクノセンターの協力で、室蘭では初めて開かれた。

 教室では、会場に訪れた地域住民が整理券を取ってバスに乗車。座席に座った後、同社の社員から、路線バスの乗り方や降り方、料金の支払い方法、70歳以上の市民を対象にした乗車券のワンコインパスなどについて説明を受けていた。

 普段は自家用車を使用している白鳥台の主婦、田中キヌ子さん(73)は「いずれは運転が難しくなる心配があるのでこの機会に来てみた。社員の方が分かりやすく説明してくれた。バスや車がないと移動ができない場所なので、今後はバスも選択肢の一つにしたい」と将来を見据えていた。

 長谷川社長は「興味を持って来てくれた方が多くいたので、普段バスに乗り慣れていない方を含めて利用してもらうきっかけになればと思う。換気や消毒など、コロナ対策を徹底しているので安心して乗ってほしい」と呼び掛けていた。

 「バスの乗り方教室」は来年1月、中島地区でも開催する予定だ。

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス