北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

うどん揚げてサクサク食感に・菓子「うまみの壺」4味を発売【下川】

手延べうどんの菓子「うまみの壺」と矢内店主

 町内錦町の矢内菓子舗(矢内眞一店主)では、町特産の手延べうどんを揚げて作った新商品「うまみの壺(つぼ)」が完成。和風たれ、コーンポタージュ、カレー、山ワサビの4味があり、今月の「パンの日」の11日から販売する。

 矢内店主は、10年前から、町特産の手延べうどんを使った菓子の試作を始めた。生麺を揚げることにしたが、そのまま揚げると固くなる。しかし、揚げる前に工夫を重ねることで、サクサクとした食感に仕上げることに成功した。

 これに、ダシの効いた麺つゆ(しょうゆ味)を加えられないか―と、和風たれ味の粉末開発に取り組み、業者を探し、納得がいくまで試作を繰り返して完成させた。8年ほど前には、簡易的なパッケージで「しもりんのおやつ」として試験的に販売した。

 地元商店も、新型コロナウイルス感染症対策の影響を受ける中、特産品として利用してもらい、うどんの売り上げにも貢献できる菓子を目指そうと、今春、町による商品開発費用の半額助成を活用して、商品化に踏み切った。

 既に開発していた和風たれ味をベースに、新たに3味の粉末を開発。商品名は「秘伝のたれが入ったつぼ」「おいしい手延べ麺が入っている」「後味に和風だしの風味が残るのがうまみのツボ」といったイメージから「うまみの壺」と付けた。

 1個27グラム程度で480円。8日の「八の市」には、来店客へ小袋に入れた試食品を配ってPRする。

 矢内店主は「家族団らん、友人同士で、茶や酒のつまみに、味わっていただけたらありがたい。コロナで大変なときだからこそ、楽しい商品を提供していきたい」と話す。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス