北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

巨大地震 死者最悪19.9万人 21日、内閣府が被害想定公表【十勝】

 十勝沖を含む日本海溝・千島海溝沿いで発生が予測されている巨大地震に関して、内閣府は21日、最大クラスの地震と津波が起きた場合の被害想定を公表した。道内の死者数は日本海溝モデルで最大13万7000人に上り、建物11万9000棟が全壊する。十勝に影響が大きい千島海溝モデルでは最大8万5000人。全国の死者数は最大19万9000人とした。一方で、迅速な避難が行われた場合は死者数が約8割減になるなど、防災対策の効果も示され、「冷静に受け止めて備えることが必要」と行政や住民に呼び掛けている。

 内閣府は「日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震モデル検討会」を設置し、2020年にマグニチュード(M)9超の最大クラス地震の震度分布と津波高などを公表。道内は最大震度7の揺れに見舞われ、日高管内えりも町の27.9メートルなど巨大津波が押し寄せるとした。十勝沿岸部では最大震度6強、10~20メートル超の津波が予測されている。

 今回の被害想定は、被害の全体像を明らかにし、防災対策の必要性を周知する目的で公表。十勝・根室沖が震源の「千島海溝モデル」、日高・三陸沖の「日本海溝モデル」の2パターン別に、「冬・深夜」「冬・夕」「夏・昼」の3種類の時期・時間帯で試算した。

 死者数が13万人に上る道内の最大被害は日本海溝モデルで、多くの人が就寝中の「冬・深夜」の場合。十勝を最大津波が襲う千島海溝モデルでも、死者数が最も多いのは「冬・深夜」の約8万5000人とした。建物倒壊や火災などは約100人で、ほぼ全員が津波による被害と推計された。

 一方、こうした最大被害は早期避難率が低い場合(すぐに避難=20%)で、早期避難率が高く(同70%)、情報伝達や避難呼び掛けが効果的に行われた場合は、千島海溝「冬・深夜」の死者数は約4万3000人に半減するとしている。

 こうした「防災対策の効果」を全パターンで示しており、最も効果が大きい日本海溝「夏・昼」では道内死者数9万4000人が1900人に減るとしている。

大半が津波被害

 千島海溝の道内建物全壊棟数は「冬・夕」約5万7000棟が最大。津波による被害が約5万1000棟とほとんどで、火気使用が多い「冬・夕」は火災が約3100棟(夏・昼約600棟)と増える。揺れによる被害は約1700棟。

 津波被害による道内要救助者数は最大約5万1000人。今回初めて低体温症の要対処者数も試算され、千島海溝モデルは道内約1万4700人とされた。

 今回の被害想定は北海道から千葉県までの9道県が対象で、全体の最大死者数は日本海溝モデル「冬・深夜」の約19万9000人。千島海溝「冬・深夜」の全体の死者数は約10万人。

 インフラ等の被害や生産・サービス低下などを考慮した経済的被害額は、日本海溝で約31兆3000億円、千島海溝で約16兆7000億円と試算された。

 防災対策では、迅速な避難や建物の耐震補強、家具固定、初期消火などで、死者数や全壊棟数を減らせるとした。低体温症要対処者数も、避難所への二次避難路や防寒備品の整備でリスクを最小化できるとした。

 内閣府は今後対策の検討を進める予定で、「対策を講じれば被害を減じることができる。『正しく恐れる』ことが重要で、行政、インフラ・ライフライン管理者、企業、地域、個人が対応できるよう備えることが必要」と呼び掛けている。

<千島海溝沿いの巨大地震>
 国は2011年の東日本大震災を受けて17年に再評価を行い、マグニチュード(M)9級の「超巨大地震」の今後30年以内の発生確率が最大40%で「切迫している」と発表。20年に広尾町26.1メートルなど津波高の推計を公表した。被害想定は05年の前想定では「500年間隔地震(M8.6)」で約880人としていた。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...