北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ」として売り出されている。

ハピオで限定販売しているきな粉のおはぎと吉川代表

 吉川屋は2000年に、それまで専業主婦だった吉川代表が地元野菜を使った漬物を作ろうと、友人と2人で開業。現在は吉川さんの長男らと4人で漬物を製造し、十勝管内の小売店やスーパーで販売している。

 吉川代表は子どもの頃からおはぎを作ることが好きで、事あるごとに友人らに配っていた。周囲からの「おいしい」という言葉に背中を押され、過去には彼岸の時期に販売したことがあったが、昨年11月から定期的に扱うことにした。

 おはぎは音更産小豆を使用した、爽やかな甘みの粒あんが特徴。きな粉のおはぎはハピオの担当者が、同11月にJA木野とJA本別町が開発した自社商品「結きなこ」を吉川代表に提案。あんこにきな粉をまぶすと、きな粉が水分を吸ってしまう難しさもあったが、おはぎを扇風機で乾かすなど工夫を重ね、本来の食感を残している。

 ハピオでは2個入り、432円で、各曜日40個を限定販売。吉川代表は「みんなに1回は食べてもらいたい。愛される商品になれば、もちろん個数は増やすつもり」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

十勝毎日新聞

“逆輸入店”再開 東京で豚丼キッチンカー【帯広】

 東京の飯田信夫さん(65)がキッチンカー販売で帯広発祥の豚丼普及に努めている。2019年に帯広市内に“逆輸入”で開店した店舗をコロナ禍でいったん閉めていたが、東京での回復基調を受けて9カ月ぶりに営...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス