北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ひだかしんきん金融学校【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河、大沼孝司理事長)は11日、町内の小学3~6年生を対象に同本店営業部で「ひだかしんきん金融学校」を開いた。

 今回初めて行われた同事業は100周年記念事業の一環。信金の業務を体験してもらうことで、信金の仕事を知り理解してもらう目的。普段聞けないお金の話や、窓口の裏側などを紹介する。

 この日は浦河、堺町、荻伏、浦河東部の4小学校から3年~6年生計23人の児童と保護者3人が参加。

 最初は4階研修室で座学。信金職員を講師に金融体験レクとして、①お金の重さ体験②お金に隠された秘密を探れ!~新500円玉のギザギザの謎~③お金にも卒業ってあるんです「紙幣のニュージェネレーション!」の話や、実際に1000万円の束の重さの確認や麻袋に入った100円硬貨4000枚(19・2㌔)を持ったり、模擬紙幣を使って、紙幣を素早く数える方法、1枚の紙幣にたくさんの偽造防止技術が施されていることなどを教わった。

 続いて1階の窓口に移動。窓口の中にある通帳の記帳や伝票、札や硬貨が入ってる機械を見せてもらったり、大きな金庫の開閉、重さで管理された金庫を開けると、お金の多さに児童たちは、びっくりしながらも興味津々に職員の話に耳を傾けた。最後にATМの裏側を見学した。

 参加した藤原すなおさん(荻伏小4年)は「お金の数え方や偽札の見分け方など知らないことが知れて良かった。次回も開催されたら絶対来たいです」と満足げに帰路についた。

 金融教室は、12日に広尾支店(参加者8人)、13日は様似支店(12人)、えりも支店(10人)で行われ、14日は静内支店(19人)、三石支店(16人)で、同様の内容で行われた。

 信金では「参加募集の段階で参加者が集まるか不安だったが、人気があってうれしい。これから継続事業として開催していくか検討していきたい」と話していた。

1階窓口の裏側にある機器から取り出した札束を手にする児童たち

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス